素人がコインチェック社の仮想通貨流出について思ったこと

こんにちは、りとです。

今日はこの週末ネットで大騒ぎになってた話題で思ったことをダラダラ書きます。

news.yahoo.co.jp

いいですか?ダラダラですよ?

なんでダラダラかっていうと、ぼくはそこまで詳しくないからです!お手柔らかにお願いします。

CMバンバンやってる割にはテレビの報道が少ない気がするなー、と思った。

あんまりテレビ見ない人間の肌感覚で申し訳ないのですが、そう思いました。角界の方話題の方が多かったような?

限られた尺の中でわかってもらうには仮想通貨ってまだまだ難しいお話なのかもしれないな、と思いました。

去年の夏頃、音楽やってる友人と「芸術談義をしようぜ!」と2人で飲みに行ったんですよ。

で、たまたま入った居酒屋で、大将に「ビットコインまじイイですよ!え?お客さんやってないの?絶対やっとくべきよ!?」と懇々と熱く語られ、芸術談義ができなかったという事件があって、ぼくもそれを機に調べてみたことがあったんです。

ぼくの解釈は「ガンプラ一箱の値段=1ガンプラ=300円」みたいな仲間内だけで通用する単位で「保証してくれる元締めが存在しない代わりに、国家みたいな大きな組織に囚われない自由さが良い」ものなのかな?という感じでした。

でも、ガンプラ一箱300円だったのはぼくが子供の頃のお話で、大将の言った「絶対やっとくべき」てのは「1ガンプラが300円だった時に買っといて500円になって売ったら儲かるぜ!」って話で、それって株と変わらないなー、と思いました。

なら、経済とか為替の勉強のためにやるならまだしも、動きを上手く読むためにかける時間と心労を考えたら「その時間でお絵描きしたいかな」ってのがぼくのその時の結論でした。

一方で、自分たちで価値を決めた通貨でやり取りをするっていうのは、なんか可能性もあるように思われて、その後も気にはなってたところに今回のニュースでした。

「株みたいなもの」ってのは認識不足で、Googleアカウントに不正ログインされるくらいの確率で流出しちゃうものなんですね。これはちゃんと理解してないと危ない。

とはいえ、仮想通貨の「軽やかさ」みたいなのはやっぱり魅力があるように感じられるので「こんなの普及したらいいなー」ってのをぼくなりに考えてみました。

ぼくの「こういう仮想通貨が流行ればいいのにな」

世間一般ではあんまり価値が認められないんだけど「一部のコアなファン」がいるようなジャンルの創作クラスタ内でのみで流通する通貨と、その通貨のコミュニティがあって、自分の作品についた価値分だけコミュニティ内にあるショップで次の創作のための材料や画材やアプリみたいな素材が手に入る…みたいな、そんなのあったら、ニッチなジャンルがどんどん育っていって結果全体が盛り上がっていって楽しそうだな、と思うんです。

f:id:rito-jh:20180130160306p:plain

世間一般では全く理解されない作風の絵師がいたとして…

f:id:rito-jh:20180130160327p:plain

そういうのが好きな人たちの間で使われる通貨ができて

f:id:rito-jh:20180130160341p:plain

その通貨で買い物ができる画材屋さんがある!

こんな感じの、ニッチでコアなクラスタ内で使えるの。

一般の市場でリアルマネーでやり取りするより、価値を共有できる人同士が早く繋がれる気がします。そして売り手と買い手がきっちり繋がれると良いなぁ、と思います。

でも運営元にあんまり利益が生まれませんね…どうしたらいいんでしょう?利用する側も運営側もwin-winでかつニッチでコア…

うーむ、

というわけで今後も様子を見てたいなー、と思ったのでした。

ぼくは『中二病でも恋がしたい!』を勘違いしていた

こんにちは、すごい勢いでりとです。

最近、Amazonプライムビデオで『中二病でも恋がしたい!』のアニメを見ました。

f:id:rito-jh:20180128065056j:plain

今まで内容を知らなかったのは地球上にぼくだけだったかもしれませんが、一応あらすじとしては、中学時代イタいくらい中二病だった主人公・富樫勇太くんが「これからは普通になろう」と、誰も自分のことを知らない遠くの高校に進学したものの、誰もいないところでポロッと出してしまった中二病発言を、現役中二病のヒロイン・小鳥遊六花に見られて付きまとわれるようになる、という始まり方をするお話です。

誰もが抱えるトラウマを振り返りながら、生暖かい視線で楽しむ話かと思った。

中二病って、実はぼくら世代がある意味ドンピシャなんですよね。

伊集院光さんがラジオで言い始めたのがちょうど高校大学くらいの時期で、その後一気にネットで広まってみんなで言い合って「ちょっと前の忌まわしい記憶」として散々のたうち回ったり、ネット上で場に不似合いなことをいう人を指して言ったり、そうやって誕生から育っていく様をずっと見てた言葉でした。

大人の階段を登り始めた頃に「もう大人になった」と思い込んで大人っぽい言葉を言ってみたり、かと思えば少年少女の頃のような妄想の世界をさも実在するもののようにそこそこの歳なのに言ってみたり…なんてのを指してはじめは使ってたように思います。

最近は、このお話でもそうなのですが、どちらかというと「異世界は存在していて自分には何か特別な力が!?」みたいなのをいい歳して思ってることを指して使われることが多いのかなー?と思いましたが、ともあれどちらにしてもこの作品は「イタい」人たちの日常とラブコメを我を振り返りながら自虐的に楽しむ作品なのかな?と始めは思いました。

でも、違いました。

ヒロイン・六花ちゃんが「なぜ中二病になったのか」が重い

前半は確かにドタバタのラブコメなんですね。

しかし中盤、六花が中二病になった経緯が語られます。そのあたりから一気に物語は重い話になります。

六花は、ある出来事をきっかけに「中二病」になりますが、これを「喜怒哀楽を失った」とか「声が出なくなった」とかに置き換えたら、完全にジャンルは『ラノベ』じゃなくて『恋と青春の純文学』になる勢いの展開なんです。

そして、売り出し中の若手俳優さんや女優さんがキャスティングされての映画化でもおかしくないくらい、後半は真剣で泣けるラブストーリーでした。

おかげでこちらも、前半「なんてイタい電波な女なんだ…!」散々思わされるせいで、後半「今まで冷めた目で見ててごめんね六花たん!!」と反動がものすごいことになります。(その思いをイラストに込めました)

タイトルで距離置いてた方がいらっしゃったら、ぜひ一度お試しあれ!

中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]

中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]

 

 

【読書感想】『虹を待つ彼女』人工知能が発達したら将来実話になるかも?な話

こんにちは、りとです。

今日は逸木裕さん著の小説「虹を待つ彼女」を読み終えたので感想を書きます。

ぼくが続きが気になって仕方なくなった辺りまでの、核心に触れない程度のネタバレありますのでご注意ください。

虹を待つ彼女

虹を待つ彼女

 

自分がプレイしているゲームでドローンが動いて誰かを襲っていたら?という冒頭

お話は、水科晴という女性の自殺のシーンから始まります。

彼女はネットに自作のゲームを配布しているゲームクリエイターで、完成度の高い作品作りで沢山のファンを持つ人です。

そんな彼女がとった自殺の方法は「自分が制作した"渋谷に現れたゾンビをプレイヤーが協力して倒すガンシューティングのオンラインゲーム"とドローンを連動させ、モニタ越しにはゾンビに見える自分をプレイヤーに殺させる。」という劇場型の自殺でした…。

6年後の2020年、物語主人公の工藤賢は退屈な人生を送っていました。

彼は頭が良すぎました。

子供の頃から、どんなことでもあらかじめ予想を立てて行動できて、予想通りの結果を得られてしまったのです。

そんな彼は「人工知能が発達すれば自分にも予測できないような楽しいことが起きるのではないか?」と考え人工知能の研究者となったのですが、最近ではもう人工知能の未来もあらかた予測がでできてしまい、鬱々とした日々を送っていました。

ある日、所属している会社で「死んだ人間を人工知能で蘇らせる」というプロジェクトが始まり「プロトタイプは水科晴にしよう」という話が持ち上がります。

「少しは暇つぶしになるか…」と水科晴について調べ始める工藤でしたが、水科晴がなぜあんな自殺方法を選んだのか知った時、自分が水科晴に恋をしてしまったことに気づきます。そんな彼の元に「これ以上水科晴について嗅ぎ回るとお前も殺す」という脅迫メッセージが届きます。

生まれて初めて誰かを本気で好きになった工藤に迫る命の危険。

工藤は生きている実感を得るのでした。

無気力な天才が本気になったら何するかわからない面白さ

冒頭から「あ!これアニメ『PSYCHO-PASS』で見たことある展開だ!!」とドキドキしながら読んでしまいまいました。

 また、工藤さんはプロの囲碁棋士と戦う囲碁ソフトや、人工知能の女の子と会話を楽しむアプリの制作もやっていて、晴をAIで蘇らせる以外にもいろんな問題に直面します。どれもこれもが「実際こういうことこれから起こるかもな…?」というような、近未来感のある展開が続きます。

工藤さんの姿は、マッドサイエンティストじみているものの、でもちゃんと周りに目を配って冷静に判断していくという微妙な天秤の上で行動を決めるので「先が読めない楽しさ」がありました。

その一方で「謎の死を遂げた美貌の天才ゲームクリエイター」の晴の姿も少しずつ明らかになっていきます。

同時に、ひたひたと迫り来る脅迫状の送り主の影…。

すごく面白かったです!

「AI」「ミステリ」「ラブストーリー」って単語にピンときたら、ぜひ手にとってみてください!

「いま、私たち人生で1番幸せだね…」と隣に座った彼女は言いました

こんにちは、りとです。

先日受験の話をしたところ「大学の話をもっとちょうだい」というコメントをまど(id:ma-corpus)さんからいただきましたので調子に乗ってまた書こうと思います。

それはいつも一緒にいたあの子からの言葉でした

f:id:rito-jh:20180124125804p:plain

ぼくの行っていた美術大学は、一般の大学でいうところの「ゼミ」のような単位で部屋を当てがわれて、その部屋の中でさらに自然とそれぞれの「陣地」をつくるという共同アトリエのような使い方をしていて、講義の空きコマなど自然とそこにいるようになってました(多分、どこの美大も同じなんじゃないでしょうか)

f:id:rito-jh:20180124170420p:plain

当時の記憶を頼りに大図解!

当然、同じ部屋で陣を構えてる友人は、特に一緒にいる時間が長くなるようになります。

ある日、隣の女の子が呟いたんです…。

「いま、私たち人生で1番幸せだね…」

ここで、若干釣り気味なタイトルをつけてしまったことをお詫びさせていただきます。

そうです。彼女が言った言葉の真意は「学生という身分を保証された状態で好きなことを好きなだけ毎日できるって、今後の人生考えても今最高に幸せだよね!」ってことです。

タイトル見てワクワクキラキラされた方ごめんなさい!

男女の関係はなかった

ずっと一緒にいるせいでしょうか、この室内では独特な空気が流れていて、男女を意識することがなかったんです(名誉のために付け足しますが、美人さんばかりでした)。

んで、さっきの子は一緒にいる時間が長くて特にウマが合ってたように思います。

「アナタそんなこと言って!向こうは実は…」と思われるかもしれませんが、向こうも彼氏はいたし、本当に腹割っていろんな話をしました。

なのでぼくは「男女の友情はある派」なんですよね。

ぼくにとっては当たり前の毎日だったのですが、大人になって実は凄く珍しい現象だったと知って、そういう意味でも「いい経験ができたなぁ」と思っています。

久しぶりに彼女に会った

実は先日出張で彼女が今住んでる町の近くに行ったので、時間つくって久しぶりに会って一緒に美術館に行きました。

気持ちが学生時代に戻ってとても楽しかったです。普段笑わないような、でも「そういえば学生の頃はこんなことで笑ってたな」ってことでおかしくなって2人で大笑いしたりしました。本当に楽しかった。

彼女に会ったのは2年ぶりでした。

その前は5年前、またその前はさらに2年前でした。

気持ち的には学生の頃と変わらないのですが、2人ともすっかり「いい大人」でそれぞれの人生があって、きっと死ぬまでにあと数えられるくらいしか会って話をすることはないだろうけど、まるでまた明日も会えるみたいに「またね」と言って別れました。

本当にいい友人です。 

 

…最後に、確かに学生の頃のように思うまま絵を描き続ける事はできなくなりましたが、視野が広がったりいろんな経験ができたり「幸せなのは今だけではないですよ?」と現在学生の皆さんにお伝えして終わります。

SoftBankからY!mobileに移行してiPhoneの月額料金が激減することになった話

こんにちは、りとです。

いやぁ〜ブログやってると、なんでもネタにしようとしてしまいますね!

今日はIT系ブログみたいな話をします!

f:id:rito-jh:20180122172309p:plain

でもイラスト雑記ブログっぽく電話してるオリキャラを描いた!

iPhone買い替えを見送ることにしたので格安SIMを検討した

アップル機器の大好きなぼくですが、今年度は新機種への買い替えは控えることにしました。理由は一般人が使うには今使ってる6sはかなり完成度が高いように思えるし、家庭のエンゲル係数が右肩急上昇だったり色々です。

そうなってくると、気になってくるのが格安SIMで、ここのところあれこれ調べていたんです。

で「Y!mobile」を選びました。理由はざっくり言うと以下の3つです。

  1. SoftBankと同じ回線を使ってるので今と同じ通信速度が出る
  2. 実店舗が多いのでいざという時にケアが受けやすい
  3. 将来SoftBankの家用Wi-Fiを検討している

「1」については、体感的にですが今のところ本当だったと感じています。「2」もいざという時の安心材料として大事なことのように思いました。「3」については後述します。

Y!mobileのスマホプラン

表を入れようかと思ったのですがどの端末からもちゃんと見える表をつくるリテラシーがなかったので箇条書きにします…。

  • 「プランS」月額1980円
    データ通信容量:2G(3年目から1G)
  • 「プランM」月額2980円
    データ通信容量:6G(3年目から3G)
  • 「プランL」月額4980円
    データ通信量容量:14G(3年目から7G)

上記は全て2年契約の割引された税抜き価格です。なので(ほぼないと思いますが)2年縛りをしないと1000円高くなります。

その他全てのプランに共通していることとして

  • 10分以内の国内通話は何回かけても無料
  • キャリアメールは「@yahoo.ne.jp」
  • 家族割で2台目以降はさらに500円引き
  • SoftBankの家庭用Wi-Fiと併用でそれぞれ以下の通り割引(S:500円、M:700円、L1000円)※家族割との併用不可。

…と、いった感じになっています。

ぼくはプランMにして、有料のオプション(留守番電話サービスとか)は一切つけないことにしました。

料金は具体的にこうなりました。

  • 1ヶ月目:約5000円(月額の日割り+事務手数料3240円)
  • 2〜23ヶ月目:3218円
  • 24・25カ月:4298円
  • 26カ月以降:4838円

   ※10分を超えた時の通話料(30秒につき20円)は入っていません

 

24ヶ月目から値段が上がるのは、新規契約割キ(5月末まで)がなくなるからです。

26ヶ月以降さらに上がるのは、データ通信容量2倍サービスが26カ月目で開けて、それ以降同じだけ使いたければさらに払う必要がでてくるからで「半分でもいい!」なら値段そのままでいけます。

 

ぼくが話を聞いた店員さんは「2年縛りがあけたらSoftBankで機種変して2年契約して、SoftBankの2年縛りがあけたらまたY!mobileに戻ってくるのが最強です。」と教えてくれました。

もしこのSoftBankループに乗るなら、家のWi-FiもSoftBankにするとさらにお得というわけです。

なるほど!

SoftBankからY!mobileへの以降手続き

契約してiPhoneが使えるようになるまでぼくがどう動いたか書いときます。

  1. SoftBankのメールが使えなくなることへの準備
    知人への連絡や、登録しているメールサービスの変更手続きです。
    …が、今やLINEとフリーメールがあるおかげで一瞬でした。
  2. SIMロック解除
    ぼくはタイミング的にSIMロック解除を自分でしないといけない組だったのですが、めっちゃ簡単でした。マイソフトバンクにログインしてSIMロック解除を行うのですが、迷惑メールをブロックするくらいの手数でした。全部マイソフトバンク内できてしまいます。ビビりました。
    ただ、iPhoneの画面だとみづらいので、できればPCか何か他の端末からログインした方がいいと思います。
    ちなみに「初期化されるからバックアップとっといた方がいい」という情報もあったのですが、ぼくは何も起こりませんでした
    スクショ撮り忘れたんで、詳しくはこちらへ!

    www.softbank.jp

  3. Y!mobile店舗へ行って契約手続き
    まず番号ポータビリティ申し込みのためにSoftBankに電話するように言われました。今って音声案内で全てやってくれるんですね。そして契約。シムは、店員さんが差し替えてくれました。(所要時間1時間程度)
  4. 帰宅
    APN設定用構成プロファイルのダウンロードと、Yahooメールの取得をして終了。

おわかりいただけただろうか?

全容を把握するまでは大変だったのですが、具体的な労力は思った以上に少なかった、という印象です。ぼくのように現在SoftBankで、格安SIMを検討している方、そしてSoftBankループに興味がある方にとって有益な情報だと幸いです!

ではっ

美大受験の実技試験で作品タイトルを書き忘れたぼく

今週のお題「受験」

こんにちは、りとです。

今日はぼくが美術の大学を受験した時の思い出を語ろうと思います。

アニメ『ポポロクロイス物語』を録画予約して出かけた朝

美術大学は、筆記試験と面接以外に当日現場で絵を描く実技試験があります。

実技試験のためにぼくは高校1年の夏休みから毎週日曜日に絵画塾に通っていて、つまりその日はこれまでの努力の成果を発揮する日でした。

その年は、日本中のゲーム好きが泣いた『ポポロクロイス物語』のアニメを日曜朝にやってたので、試験に集中できるよう、きっちり録画予約を確認して出かけました。そして高ぶる心を沈めるため、アニメ『彼氏彼女の事情』のOP「天使のゆびきり」をウォークマンで聴きながら大学へ行きました。

実技試験は色彩構成(出されたテーマをもとにして抽象画みたいなのをかく)でした。

これまで何枚も何枚もいろんなテーマで描いてきました。

ペース配分もバッチリ、制限時間内で自分ができる最高のものが描けたと思いました。

実技試験のあと、面接がありました。

作品に手応えを感じていたぼくは、少し緊張していたものの自信満々で面接室に入りました。

席につくと、面接官の先生は最初にこう質問されました。

「君、実技試験の用紙に作品タイトル描いてないけど、アレわざと?」

「っ!?…あああああああ忘れてましたぁーーーーーーー!!!!」

その後の記憶は全く残っていません。

その日の『ポポロクロイス物語』を見たかどうかも覚えていません。

それから数日、鬱々とした日々を送りました。

でも、結果は合格でした。よかった。まじで。

「これが美術の大学か」って思った

大学生になって、とある授業で先生がこんな話をしました。

「うちの入試の実技試験に、答案用紙を切ってはならない、という注意事項はない。なのに誰も用紙を切ったり貼ったりして立体作品をつくろうとしない。それが私は不満だ。」

目から鱗でした。

よく覚えていませんが、答案用紙に「タイトルを必ず書きましょう」とは書いてなかったと思います。なのでぼくの場合、面接で「無題です」という答えることができれば100点だったかもしれません。

こういう考え方が許される世界が美術大学か!と思いました。

今も役立ってます

全然芸術家を輩出してなくて「有名大学以外は行く価値なし」と言われる美術大学ですが、ここで学んだ

1、「物事を他人とは別の切り口で見て考える」

2、「感覚や感性に訴えるプレゼンを準備して行う」

3、「お絵かきは人生最高の趣味」

の3つは、仕事でもプライベートでも今のぼくを大いに支えてくれています。特に仕事なんて「1」と「2」でぼくは評価されてると言っても過言ではありません。

そんな大事な4年間の出発点の日の思い出話でした。

最後に「3」が大いに活かされた漫画をご覧ください。

グランピレパ物語46話

f:id:rito-jh:20180120133955j:plain

前回が気になる方はこちらをご覧ください。

この漫画は、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の「参加者それぞれがオリジナルの国とキャラをつくって互いに交流する」企画「PFCS」に便乗させてもらっています。

pfcs.hatenadiary.jp

クレーム対応の神はぼくのデザインじゃないですよ?生みの親であるお米ヤロー (id:yaki295han)さんのイメージを忠実に再現しただけですからね!?

yaki295han.hatenadiary.jp

 

注:受験の際、今回の話のようにわざとタイトルを書かず「無題です」と面接で答えて不合格になった方がいらっしゃっても責任は負いかねますのでご了承ください。

 

ところで、こんなものを見つけたのですが、これは期待しても、イイですか!?

popolocrois.sega.jp

【読書感想】『烏に単は似合わない』をファンタジー好きにもそうでない人にもススメしたい!!

こんにちは、りとです。

今日は阿部智里さんの『烏に単は似合わない』が凄く面白かった!って話をします。

ぼくの感じた面白さを伝えるために中盤のちょっとした事件について核心に触れない程度ですが書きます。もう読むつもりでいる方は閲覧注意です。

烏に単は似合わない? 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)

烏に単は似合わない 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)

 

第一印象は「和風ファンタジー」。舞台設定が個人的に好みでした。

「八咫烏」が支配している「山内」という世界が舞台なんですね。ちなみに隣の国は天狗の国です。

八咫烏って神の使いと言われてる、足が三本の神聖なカラスですよね。

んで「山内」を支配するのが「宗家」、「宗家」の長が「金烏」。

「宗家」の下には東西南北を司る4つの有力貴族がいて、彼らは「宮烏」と呼ばれ、人型で生活を送っています。

対して町に住むちょっと裕福な庶民は「里烏」、山間部に住む農民は「山烏」と呼ばれ、必要に応じて烏になったり人型になったりするのですが、いよいよ食うに困った者は「馬」と呼ばれ、ずっと烏の姿で荷車や馬車を引いたりする仕事で糧を得てるって設定です。

物語は、次期「金烏」である「若宮」が妃を娶ることになり、それぞれ東西南北の四家から妃候補の姫を「登殿(とうでん)」させよ、と命がくだるところから始まります。

妃候補の4人の姫は「桜花宮(おうかぐう)」という宗家内にある男子禁制の大奥みたいなところにあるそれぞれ春夏秋冬を表した宮殿に住み、そこで若宮に選ばれた姫が妃になります。

自分のところの姫が妃になれば、大きく権力を持つことになるので4家は気合いを入れて姫を送り出します。

そんな中、東家では当主の長女「双葉」が体調を崩し、「ニノ姫」が急遽登殿することになりました。

4人の姫

以下、初登場時のぼくの第一印象をイラストに乗せて勝手に描きます。公式のイラストもあるので比較してみてくださいね!

 

東家 春殿の姫「あせび」

f:id:rito-jh:20180117173405p:plain

 登殿時名前がなかったので、現金烏妃に「あせび」と名付けられるが、これが貴族間での侮蔑用語なのに喜ぶくらいの世間知らず、天然、健気、素直、メインヒロイン。

 

南家 夏殿の姫「浜木綿(はまゆう)」

 

f:id:rito-jh:20180117173428p:plain

ハキハキした口調の気っ風のいい男前、風流、すらっとしたモデル体型。

 

西家 秋殿の姫「真赭の薄(ますほのすすき)」

f:id:rito-jh:20180117173450p:plain

 豪華絢爛。セクシー。美女。高飛車。

 

北家 冬殿の姫「白珠(しらたま)」

f:id:rito-jh:20180117173506p:plain

知的、クールビューティー、ちょっと何考えてるかわからない。

 

さあ!みなさんどの姫が好みですか!?

物凄いどんでん返し

うまいですよね、この4人の姫の設定。王道を押さえてる!っていうか。

そして、姫たちが火花を散らして衝突したり切磋琢磨したり友情を芽吹かせたり、大奥っぽいから陰謀めいた勢力争いが浮いたり沈んだりしながらも、あせびがまっすぐひたむきな努力で妃の座を射止めるサクセスストーリー、って思うじゃないですか。

違いました。

中盤、ある人物の死をきっかけに、一気に物語の方向が変わるんです。

そして読み終わると4人の姫の印象がはじめと全く違うものになります

この「してやられた感」がぼくは本当に心地よかったです。

「ああ、だから松本清張賞か!」と納得のストーリーでした。

ぼくはこの本を読みながら、伊集院光さんがテレビでむかし「キャンディ・キャンディを子供の頃みたときは、イライザが嫌いで仕方なかったけど、大人になって見直すと、好きな男の子に振り向いてもらうために日々努力してたのに突然やってきたそばかすなんて気にしない娘に奪われそうになったらそりゃ意地悪したくなる。」と話してたことを思い出しました。

おっと、これ以上語るのはやめます。

興味持ってくださったらぜひ手に取ってみてくださいね!