雑記

リビングを子供部屋にしてしまえばよかったのだ

先日、テレビを買ったというお話をちょろりと書いたのですが、我が家に唯一残っている物置部屋を、大人のリビングにしようと考えてるんです。 我が家は、元々3部屋あった1階部分の壁をぶち抜いて「家カフェ」をテーマにリビング・ダイニング・キッチンなワ…

次回の瀬戸内国際芸術祭は行く

長いこと読者登録してくださってる方はぼくがこのお祭りが大好きで、これまで毎回行っていて、前回は全ての島を回ったことも「そーいえばそんなこと書いてたなー」と薄らぼんやりと思い出してくださるかもしれません。 setouchi-artfest.jp 第1回は長男とベ…

15.6インチの奇跡

液タブを使い始めて1年くらい経ちました。 その間、何度か話題にしてる通りで、ぼくのデジタルでのお絵描きはずいぶんと紙に直接描く感覚と同じになりました。 これも何度か書いたことがあるんですが、ぼくは以前13.3インチの液タブに挫折したことがありま…

筆が乗る

今描いてるイラストの背景です。 日々、日常の隙間にお絵描きをしているのですが、ペンや筆が手に吸い付くような体の一部のように自由自在に使える感覚の日と、ぼくを拒絶してるのかと思うほど思ったように動いてくれない日があります。 おそらくぼくの画力…

カレーはすごい

ぼくには「おいしいカレーが食べたくなったらここ一択」というカレー屋があります。 その店が、ルーだけのテイクアウト販売もしているんですね。 ずっと気になっていたのですが、先日ついに買って帰ってみたのです。 「これで自宅でもあのカレーが…!」と、…

美術館で震えた

先日、地元の美術館にふらっと行って絵を見てきたのですが、なんだかえらく感動してしまいました。 最近、今までよりもう一段階深く絵が見られるようになったような気がしていて、若い頃は「この絵…良さがわからん…。」って思ってた絵でも「味」と言えばいい…

ヘロヘロの哲学

最近、なんか仕事が忙しいです。 なのでブログに載せるイラストもラフです。 で、何でこんなにバタバタしてるんだろうなー?と思って、あらためてiPadのToDoリストに並べてみると、自分がやりたくてやってることばっかり抱えてました。 ゲーム好きの方にしか…

今が楽しいって話です

先日「40歳はまだ子どもだ」って本を読んで色々と考えたお話を書いたんですね。 rito.gameha.com 確かにそうかもしれないけど、世間的には充分おじさんだよなーおれ。 とも、実は思ってるんです。 どう見ても、いくら見ても、鏡に映ってる自分の顔は、なかな…

友達はいいもんだ

最近やっと「ウィズコロナ」って言葉がしっくりくるようになったなー、なんて感じています。 「感染対策きっちりやりながら以前のような経済活動をしましょう。でもうっかり感染者が出たら関係者は隔離してね。」みたいな印象です。 というわけでぼくも、久…

割引シールが貼られた惣菜と安酒でゴキゲンな日々

最近ぼんやりと読んでてハッとした本について2冊ほど書いてみようと思います。 1冊目は『40歳から「差がつく」生き方』です。 40歳から「差がつく」生き方 作者:苫米地英人 コグニティブリサーチラボ株式会社 Amazon この本によると、40代まではまだ子ども…

下書きに書きっぱなしで話題の膨らまなかった話を繋いだ短編集的記事です

※今日の記事、うっかり2回投稿しちゃってたみたいで片方消しました。そちらにスターつけてくださった方ごめんなさい。 手の怪我 毎週土日は、上の子2人のスポ少がたいてい一日ある関係で、奥さんも出ずっぱりになるしで、ぼくは下の子の守りをしながら家のこ…

20年前のデサイン

何度かブログで語ってる通り、最近ぼくは紙に描くのとほぼ同じ感覚で液タブでお絵描きすることができるようになりました。 こうなってくると、画材を広げたりしまったりしなくていいデジタルは本当に楽ちんで、15分くらい液タブの前に座る時間があれば何か絵…

クリエイティブな職場です

目が回りそうだった4月が終わって、最近はちょと余裕を持って仕事をしているぼくです。 このブログで何度か書いてる通り、ぼくは仕事が楽しいです。 でも、ぼくだけが楽しいのもアレなので、せめてぼくが見渡せる範囲のメンバーは楽しく働けたらいいなと思っ…

真面目ですねってたまに言われる

なんかね、たまに言われるんですよ。 「真面目ですね」って。 でも、自分ではあんまりそんな自覚はないんですよね。 むしろ不真面目なんじゃないか?って気すらしてるんです。 自分が楽しく生きやすいようにすることを最優先にしてて、他人のこととか二の次…

ステキなニュートラル

アラスカ航空が、最近のダイバーシティな世相を受けて、ジェンダーニュートラルという取り組みを始めたってニュースをラジオで聞いたんですが、これがとっても素敵だなぁって思ったんです。 言葉のニュアンスから、はじめぼくはキャビンアテンダントのみなさ…

雑記らしい雑記

大変です。 またしても気がつけばブログの予約投稿のストックが切れてしまいました。 最近は、仕事が忙しいけど面白いのと、家はそれ以上に忙しくて、でもその隙間時間にやってるお絵描きは楽しすぎて、「他に何かやってたかなぁ?」って考えると何も思い出…

ゴールデンカムイ最新話まで追いついた

ゴールデンカムイが全話無料になってたので、まだ読んでなかった話を読みました。 ynjn.jp 未読の方のためにぼかして書きますが、最後の死闘が繰り広げられながらドンドコ血や肉片が飛び散る展開となっていってますねぇ。 こういった物語中、モブキャラが死…

家づくりに正解はない!のかもしれない。

先日、目から鱗なフレーズに出会ったんですよ、 持ち家か賃貸か論争ってあるじゃないですか。 これって、「答えがないからずっと論争が続く」んだそうです。 な・る・ほ・ど…! さて、そんなぼくですが、中古物件をリノベーションした家に住んでいます。 当…

おっさんになるのも面白い

今日は最近働きながらよく考えてることを書こうと思います。 おそらく、この時期は忙しいところが多いですよね。 「繁忙期」「閑散期」があるのは仕方ないと思うんです。 でもそれは勤務時間の中での話で、残業が当たり前ってのは今のご時世もう違うんじゃな…

そろそろぼくも叱る年頃

最近、自分のイラストの顔面偏差値を上げたいなぁ〜、と思ってあまり描かなかった顔のアップを描いたりしています。 難しいっすね…! 家でこっそりこんなの描いてるぼくですが、社会人としていい歳になってしまっていました。 若手としてバリバリ最前線で…と…

国境について

小中学校の頃って学区っていう区切りがありましたよね。 ここから向こうは隣の学校の学区、みたいな。 ぼくの実家は、3つの学区の境あたりにあったんですよ。 2つじゃなくて、3つ。 ぼくの実家がゴミを捨てに行ってたゴミステーションはT字路の交差点のとこ…

頭の先がチリチリする感じがする

パーマをあてたわけではないんですが。 ここのところ忙しくて、多分頭のメモリーを目一杯使ってるんだと思います。 Macならカラーボールがグルグルしてる状態でしょうか。 東京大学物語で言うなら村上くんが頭から煙を出してるような状態ですなこれは。 はや…

Macはなんでも知っている

独身の頃、なんの本だったかわからないんですがとある自己啓発系の本で「仕事を家に持ち帰らない」「オンオフしっかり切り替える」的な話が出てきて「おおなるほど、これがデキる大人か…!」とかうっかり思ったぼくは、いくら残業してでも仕事は職場ですませ…

この時期は毎年時間が溶けますね!?

ものすごく忙しく働いてます。 夜中に何度か目が覚めて「あー明日はあれとこれしなきゃなー」とか考えながらまた意識が飛ぶ、みたいな感じになってます。 一方でお絵描き練習も楽しくて、気がついたらブログの予約投稿記事が底を尽きてしまいました。 ぼくは…

マーガリンナイフのギザギザ

ぼくは朝食はパン派です。 食パンを焼いて、マーガリンを塗って食べます。 我が家のマーガリンを塗る際に利用するバターナイフ(マーガリンなのにバターって日本語ムズカシイデスネ)は、マーガリンが切りやすい用にギザギザがついているのです。 が、上記の…

忙しい時も笑顔で接し「ググれカス」とか言わない人に私はなりたい

いわゆる「IT系」と呼ばれる業界ではなくても、今やどんな仕事をしてようがITはもう切っても切り離せないツールなわけで、どこの業界にもいるであろう、その中でのIT担当がいまのぼくの仕事の1つです。 といってもぼくの場合は別にプログラミングスキルが必…

紙とデジタルの棲み分け

4月から長男が通う中学校に提出する書類を作ってるんですが、家から学校までの地図を書くやつってあるじゃないですか(あれって全国区ですかね?) ぼくはめんどーなんで、そしておそらく多くの方が同じことをされてるであろうGoogleマップのプリントアウト…

つまりぼくは美術館に行きたい

やーなんか、最近世の中がギスギスしてますね。 世界の情勢に対しても、フェイクニュースが飛び交ってるみたいで、しかも「これはフェイクニュースたのだ、世間を混乱の渦に叩き込んでやるのだふっふっふー!」みたいな意思ではない「これはすごい!皆に知ら…

スタバの喧騒を聞きながら、ありし日の飲み会を思ふ。

昔からカッコつけたがりだったぼくは、若い頃からよくスタバに行ってまったりしてたんですが「なんか最近ちょっと落ち着かなくなってきたなぁ」と思うようになってきました。 いつ行ってもものすごい行列で、ショッピングモールのフードコートみたいになって…

長男が小学校を卒業したらしい

ちょうど2年前の今頃ですが、コロナで子どもたちの学校が長い長い休みになりました。 当時、長男は小学校4年生で、学年末のテストラッシュだったり、クラス解散のお楽しみ会の準備をしてたのが全てなくなったことを喜んだり残念がったりしてましたが、家で…