りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』が販売再開したので買ってしまったのです

お元気ですか?りとです。

皆さんは『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』という大人のオモチャを覚えておいでですか?

2016年の11月に販売になった後、一瞬で店頭から姿を消し、アマゾンでびっくりするような価格につり上がった後Nintendo Switchの発表とその後の争奪戦ですっかり話題に上がらなくなった、30種類のファミコンのソフトが収録されたハードです。

www.nintendo.co.jp

なんとこやつが6月28日から店頭での販売を再開してるんですね。

そしてうっかり買ってしまったんですよ。

f:id:rito-jh:20180702214517j:image

f:id:rito-jh:20180702213958j:image

30代以上の大人にとって一種の麻薬でした

プレイしているとですね、脳裏に蘇るんですよ…。

夏休みにエアコンのない畳の部屋でみんなで集まってセミの鳴き声を聞きながら遊んだあの日や…

カセットを挿してもゲーム画面が表示されず何度も何度も端子部分をフーフーした日や…

テレビとの接触が悪くて斜め上からブラウン管にチョップを入れたりした日や…

そもそもファミコンが家になかった頃、友達の家でファミコンで遊ぶのがめちゃくちゃ楽しかった日々が!!

以前ブログに書いたことがあるのですが、ぼくは「ファミコンが欲しい」と親にねだったところ「これからはパソコンだ!」とパソコンを買い与えられた誕生日の思い出があるんです。(その事についての詳細は下記リンクをご参照ください)

rito.gameha.com

それでも諦めきれず、何度も親にねだり数年後にファミコンを手に入れたのですがその時の喜びたるや想像絶するものでした。

そんないろんなファミコンに対する思い出が次々と吹き出してきました。

操作が単純なのもいいです

ネットにも繋がっていない、壮大な物語もない、そもそも押すボタンが少ないファミコンのゲームは、今改めて触るととても単純明快で、最新のゲームを新しく始めるには重い腰が上がらない情弱のおっさんには打って付けでした。

ぼくは結構ゲームが好きなアラフォーだと自覚していて、PS4やSwitchも持ってるのですが、操作方法をレクチャーしてくれるゲーム冒頭でウトウトしてしまい、ムービーシーンの間にウトウトしてしまい、と新しいソフトを買ってもなかなか先に進めないのです。

それに比べると、ゲームのタイトルから数分でカチャカチャプレイができるファミコンは楽しいです。

対戦・協力プレイの相手の息遣い

もちろん、最新のゲームの美しいグラフィックとか壮大な音楽とか重厚なストーリーとか複雑な戦略とかそういうのも大好きなんです。

でも「今日はもう疲れてそんなの遊べないな、でもちょっとゲームして気分転換したいな」なんて時にジュブナイルな気持ちに浸りながらピコピコ電子音と共に遊ぶにはとても良いです。

懐古厨でごめんなさい!

でもですね、最後に最大の魅力を1つ紹介させてください!

f:id:rito-jh:20180702214109j:image

iPadと比べてもご覧の通りの小ささに伴ってかコントローラーのケーブルが短いんですよ。つまり、2Pプレイする時にどうしても相手との距離が近くなるんです。

一緒に遊ぶ相手との親密感というか、今日びワイヤレスやましてやオンライン対戦では体験できない距離感だと思うんです。

まぁ、平たくいうと「対戦相手と肩を並べて遊べる」ってことです!

急接近したい意中の相手がいるそこのあなた!

「一緒にニンテンドークラシックミニで遊ばない?」なんて誘ってみるのはいかがでしょうか?