りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

MojaveにしたらiWork’09で作ったプレゼンのデザインが崩れた

ぼくは普段使いしているMacBook Proくんとは別に、仕事専用にしているMacBook Airくんを持っています。

中古で買ったmid 2013の11インチな彼は、仕事以外の用途には一切使われないので、用途は本当にネット、メール、文書作成、プレゼン、表計算と限られていてます。

つまり、なんならプリインストールされているアプリだけでもいけるわけで、「これはやっても良いんじゃんね!?」と思い、Mojaveにアップデートしてみることにしました。

概ね満足しているのですが、1つだけ残念なことがありました。

iWork’09のテンプレートが使えなくなった!?

iWorkというのはWindowsで言うところの「MicrosoftOffice」で、文章作成や表計算、プレゼン作成などするためのMac専用アプリの詰め合わせなのですが、iWork’09は2009年に発売されたバージョンです。

iWork '09

iWork '09

 

ぼくはこのバージョンの中に入ってるテンプレートが大好きでした。

f:id:rito-jh:20181101125643p:plain

これはPagesというOfficeで言うところのWordのテンプレートなのですが、もう「文字や画像を入れ替えるだけでおしゃれ書類が即完成」だったのです。

Officeで言うところのPowerPointに当たるKeynoteも、ジョブズさんが「自分のプレゼン用にデザインした」と言うくらいおしゃれテンプレートが多くて、ぼくはこのスケッチブック柄のをこれまでずっと多用してました。

f:id:rito-jh:20181101130537p:plain

これは表紙で、本文はこんな感じです。これを「ページめくり」のアニメーションでペラペラめくっていくのが好きでした。

f:id:rito-jh:20181101130621p:plain

実は、iPhoneがiOS 7にアップデートした時に始まった「フラットデザイン化」がその後Macにもやってきて、次のiWorkのアップデートではもうこのテンプレートは新規では選べなくなってたのですが、使うことはできてたんですね。

それがMojaveでは表示できなくなってしまいました。

「ついに切り捨てられたかぁー」って思いました。

まぁ、ちょっと寂しいですがAppleが切り捨ててきたものって、切り捨てられた直後は不便なのですが、ちょっと経って振り返ると「便利でおしゃれになったよね」ってことがこれまでも多かったような気がします。

これは本当かもしれないし、Apple好きが「自分がApple好きであること」を肯定するために感情をコントロールしてるのかもしれません。

また信者かどうかは置いといても、同じものを繰り返し使うだけでは「人間として成長がない」かもしれません。

そんな訳で「そろそろiWork’09ともお別れする時期なのかもね」とセンチメンタルになった秋の1日でした。