りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

『キングダムハーツ3』が時間泥棒で困ってます

先日『キングダムハーツ3』が我が家にやってきました。

f:id:rito-jh:20190211212004j:image

キングダム ハーツIII - PS4

キングダム ハーツIII - PS4

 

ぼくの思い出

PS2のキングダムハーツ1作目が発表された頃、ゲーム雑誌とかすごいお祭り騒ぎだった記憶があります。

「あのスクウェア(まだエニックスと合併前でしたね)がディズニーとコラボして、主題歌は宇多田ヒカルのゲームを発表しました!」ってニュース番組でも報じられてたのを覚えています。

野村哲也さんのデザインしたキャラたちが、鍵の形をした剣を片手にディズニーのいろんな世界の扉を開くってビジュアルは、本当に夢が満載で、すごくワクワクしました。

ぼくはディズニーアニメのなめらかすぎる動きが若干苦手で、地方に住んでるのでディズニーランドも行ったことがなく、がっつりディズニーに触れたのはキングダムハーツが初めてのことでした。

以後、興味を持ってディズニー作品に触れるようになったぼくにとって、ディズニーの入り口にもなった作品でした。

3だけど3じゃない

そんな訳で3もAmazonで予約が始まったら即ポチってたのですが、プレイしてみて困りました。

話がさっぱりわからないのです。

キングダムハーツは「1」「2」「3」の間にいろんな媒体からいろんな派生タイトルがているのですが、ナンバリングタイトルじゃないのに物語が一直線に繋がっていたのです。

なんとなーく、うすらぼんやーりと見聞きはしてたのですが、あんまりネタバレしたくなくて情報を遮断していました。

これまでの話全てを網羅するための総集編的作品が出てますよね。 

キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス- - PS4

キングダム ハーツ - HD 1.5+2.5 リミックス- - PS4

 

 と

キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ - PS4

キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ - PS4

 

です。

思えば「1.5+2.5」と「2.8」ってよく考えられたタイトルです。

間違いなく「1」と「2」と「3」の間を埋めてくれそうです。

ぼく「1.5+2.5」は持ってるんです。

しかし、これがめちゃくちゃ難しい…!

主にボスが倒せないのです。

ぼくの年齢では反射神経がもうついていけないのか…。 

積んでしまって「2.8」に手が出ないまま「3」が今回届いてしまいました。

でもね、ぼく思ってたんですよ。

そうは言っても「ファイナルファンタジー」に対しての「ファイナルファンタジー外伝聖剣伝説」みたいな、「踊る大捜査線」に対しての「容疑者 室井慎次」みたいなもんでしょー?

って。

違ってました。

がっつり本編に絡んでました。

というわけで、これからキングダムハーツ3をプレイする場合は「1.5+2.5」と「2.8」を先にプレイすることをお勧めします

「夢いっぱいの冒険譚」から「重く複雑な群像劇」

しかし、そんな時間はぼくにはなさそうです。

ぼくはもともと「ゲームは寝る前に1日30分」と決めています。

他にもしたいことがたくさんあるからです。

なので結局ネタバレサイト見ちゃいました。

娘がラプンツェルの登場を待ってますし

で、ぼく感動しました。

キングダムハーツ3は「1作目からプレイしている元少年少女たち」をちゃんと意識しているように思いました。

話がすごく難しいのです。

子どもはもはや理解不能だと思います。

初代からずっとプレイしてるユーザー自身が重ねた年月も計算に入れてるからじゃないかな?って思いました。

当時夢いっぱいだった少年少女のみなさんも今やすっかりいい大人、酸いもあまいも噛み締めてきたあなた達は世の中に光もあれば闇もあることは身を以て知ったことでしょう。そんなあなたにお勧めします。みたいな。

そんなお話を、夢いっぱいのキャラクター達が演じるわけですから、そのギャップがまた良いんです。

まったく、ニクいぜ…

あと、映像が驚くほど美しいです。もはや映画です必見です。