りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

Macでラジオを録音するアプリを「ネットラジオ録音X」に変えた

今週のお題「卒業」

今日はまさに出会いと別れのお話なのです。

みなさん、ハンカチのご用意はよろしいですか?

ぼくはradikoを録音して聴いてます

このブログを読者登録してくださってる皆様はよくご存知のことと思いますが、ぼくは普段からラジオをよく聴いてるんです。

昔はラジカセをチューニングして、偏西風と共に流れてくる外国の言葉にびびったりしてたものなのですが、最近はもっぱらradikoです。

radikoはどんどん機能が追加されていき、課金することで全国のラジオ放送が聴けるようになったり、一週間以内の過去放送を遡って聴ける「タイムフリー」機能とかも実装され、すっかり大人になってしまってとてもじゃないけど聴けなくなってしまったマニアックな深夜放送も楽しく聴けるようになりました。

ぼくはラジオに助けられながら毎日を生きてます。

子どものおしめを変えるときや、奥さんが子どもを風呂に入れてる間に食器を洗うとき、散らかった服やおもちゃを片付けるときに、子どもの散歩に付き合ってキコキコと三輪車を押す道すがらも、登っては滑るを延々繰り返す無限すべり台の最中も、ずっとBluetoothのイヤホンを片耳に突っ込んで、ラジオを聴いているから頑張れてます。

しかし、ケチんぼなぼくは、Wi-Fi環境のないところで通信量が積もっていくのがどうにも気になる性分です。

なのでできることなら録音した音源をiPhoneにダウンロードしておきたいわけなんですね。

そんなぼくのわがままを叶えてくれてたのが「ラジ録」というアプリでした。

ラジ録11 Mac版

ラジ録11 Mac版

  • 発売日: 2017/05/30
  • メディア: Software Download
 

このアプリについても何度かブログでしてるんですが、めっちゃ便利なんですよ。

1、アプリを開いて番組表から録音したい番組を選んで予約

2、Macをスリープ状態で置いとく

3、時間になったら自動でスリープ解除し録音開始

4、番組が終わったら指定していたフォルダに書き出す

5、仕事を終えたらスリープに戻る

…という感じなのですが、保存先をDropboxとかにしておけば、同じアカウントでログインしているiPhoneのDropboxアプリにどんどん録音が送られてくるんです。

裏録や毎週予約もできます。

ところが、Macの最新OS 10.15通称Catalinaちゃんは、ラジ録が対応してないというのです。

ぼくはこれまで10.13を使い続けていたのですが、昨年末にiPhoneも11Proにしたし、最新の連携を堪能したくなってきたのです。

あと、Appleさんって2つ前のバージョンのOSサポートって手放していくらしいので、セキュリティ的にも不安だなー、なんて思ったり、Catalinaちゃんの不具合もそろそろ修正されてきた頃かな?なんて思ったりして。

そういえば、Windows10もバージョンをこまめに上げていかないと1年半くらいでサポートを打ち切る仕様になりましたね。

「いよいよWindowsはmacっぽくなってきたなぁ〜」なんてAppleファンはつい思ってしまいます。

おっと、話が逸れました。

というわけでネット調べていたら最近は「ネットラジオ録音Ⅹ」というアプリがあるそうな。

そーなんですよ、ぼくがラジ録を使い始めた頃は、Macでradikoを録音できるのはラジ録一択だったのです。

しかし時が問題を解決してくれていたようで「ネットラジオ録音X」は最新macOSのCatalinaさんにも対応しているというのです。

しかも現在、期間限定60%割引ということらしく1980円というではないですか。

「これはぼくみたいなラジ録難民を取り込む作戦か!?」

と思いつつポチりました。

ネットラジオ録音 X for Mac (macOS 10.15対応)|ダウンロード版

ネットラジオ録音 X for Mac (macOS 10.15対応)|ダウンロード版

  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: Software Download
 

 画面がオシャレでした

f:id:rito-jh:20200308171729p:plain

ご覧ください。

これがネットラジオ録音Ⅹの画面です。

オシャレです。

ラジ録は、めっちゃ便利だったんですが唯一の欠点があって「WindowsXPのフリーソフトかな?」って思っちゃうようなインターフェイスだったんです。

まぁ個人的には「うちは機能性重視ですから」という、いぶし銀な渋さにも思えてたんですけどね!

そんなラジ録に慣れた身としては「おおカッコいいじゃん…!」てなりました。

大まかな使い方はラジ録とほぼ変わりませんでした。

f:id:rito-jh:20200308174007p:plain

こんな感じで、番組のアートワークも取得してくれて、いわゆるCDダビングみたいにMacのミュージックアプリにインポートすることもできるのですが、ミュージックアプリから自動でiPhoneと同期がうまくできません。

Wi-Fi同期設定はできてるはずなのですが…!?

詳しい方ご教授お願いします。

まぁ、これで1980円ならコスパいいなって思います。

1アカウントで3台までOKのようですし。

というわけで、ラジ録を卒業し、ネットラジオ録音Ⅹユーザーになったという感動のお話でした!

3日感無料で試せるようなので、気になった方はダウンロードしてみてください。

Windowsでもいけます!

netradio-rokuon.com

改善希望

最後に、今後のアップデートで改善していただければめっちゃ幸せになれる「ラジ録ではできたのにネットラジオ録音Ⅹではできないこと」を挙げておきます。

  • 録音したファイル名が番組名ではなく録音日時になるのでiPhoneのクラウドアプリで見た時わかりにくい。(1度だけ予約画面で名前の指定ができたのですが、以後できません。あれは奇跡だったのか?)
  • 一度予約登録した内容を変更しようと思ったら修正ではなく取り消して録音し直さないといけない。
  • 「毎週録音」の設定をしようとすると「いつまで続けるのか」と期間を聞いてくるのが面倒。番組の最終回がいつになるかはぼくにはわからない…。

ちなみに

番組の保存先で個人的に好きなクラウドが「Dropbox」です。

例えば「番組1」途中まで聞いていったん止めて「番組2」を聞いたりとかあるじゃないっすか。

で、あとでまた「番組1」に戻った時、止めてたところから再生してくれるんですよ。

ほかのクラウドサービスは、意外とこの機能がなさそうです。

なのでDropboxが気に入りです。

(たまに間違えます。そしてアプリ落とすと最初に戻ります。)