りとブログ

オリジナルイラストと読書感想と雑記が主な成分のブログです

父になり、リュックを買った。

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」 12年前ぼくは父親になりました。 子が産まれる前にも、たまに母親学級について行ってたので「お父さん」なんて呼ばれたりしてたんですが、まだまださっぱり父親になった自覚なんてありませんでした…

画材屋さんに行こう

先日、日本画のごっつい本を買ったお話を書いたんですね。 さっそく触発されて、最近ネットで注文することが多かったのだけど、お店に日本画の画材を買いに出かけました。 昔からずっと通ってる画材屋さんだったんですけど「日本画コーナーってこんなに狭か…

文化系のぼくがオリンピックで楽しみにしてたこと

ブログで何度か語ってる通りの、W杯もラグビーも全く見ないぼくですが、そんなぼくでも今回の東京オリンピックが決まったときに楽しみにしてたことがあったんですね。 それは何かっていうと、以前の東京オリンピックの際につくられた、グラフィックデザイナ…

ネットだろうがリアルだろうが、世の中にはイイ人もワルい人もいる

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」 もうすぐ夏休みになる子ども達が、学校から「夏休みの過ごし方」的なお手紙をもらって帰りました。 目を通していると、SNSやネットのマナーや犯罪についての紙も入っていてそこには「ネットで知り合っ…

誕生日をいいわけに…

ちょっと前に「産まれて初めて40歳になった」って記事を書いた気がしてたんですが、気がついたらもう1年経ってたみたいです。 早い。 めちゃくちゃに早い。 節目を機会に抱負や目標を立てるのが苦手だというのはこのブログで何度か書いたことがあるとおりで…

世の中が便利になってくのに比例して回転が速くなってると思う話

ここ数年、テレビのバラエティやワイドショーを見るのがしんどくなってきてました。 これは歳のせいなのかなぁ?って思ってたんですが、先日「なるほど!」って思う話があったんですよ。 今のテレビ番組は、いつチャンネル合わせても何やってるかが一瞬でか…

気づいたらリビングに水筒の摩天楼が建造されている

ロスジェネと言われるぼくら世代は、小学校の頃に喉が渇いたら水道の蛇口ひねって水を飲んでたってのは共通の思い出じゃないかと思うんですよ。 旧テレビ版のエヴァでさえ、あの大人びたアスカが学校で水道の蛇口ひねって水を飲んでたくらいですから、全国区…

【読書感想】『網内人』このお話、物語の構成がすごい!

今年もまだ折り返しを過ぎたところではありますが、今年の個人的ベスト作にノミネートする小説に出会いました。 陳浩基(ちん・こうき)さん著の小説『網内人』です。 網内人 (文春e-book) 作者:陳 浩基 文藝春秋 Amazon 以下、あらすじ紹介程度のネタバレが…

出藍の誉れ

中学の時、テスト週間になると学習計画と振り返りを記入し、提出すると先生からのコメントともに返ってくる用紙が配られてたんですね。 ある時思いつきで記入欄の真ん中に 「あぶりだし」 って5文字だけ書いて提出したことがあるんです。 そしたら 「本当で…

黄金比ってあるじゃないですか

前回、うっかり最近ぼくが思っているイラスト論みたいなのを書いたんですが、今日は前回の記事を書きながら「とはいえ!」と考えてたことを書こうと思います。 高校時代、ぼくが絵を習ってた先生は、とにかく舌足らずでした。 「絵描きは喋るの苦手なんだな…