りとブログ

オリジナルイラストと読書感想と雑記が主な成分のブログです

【読書感想】『硝子の塔の殺人』本当に本格ミステリのテーマパークでした

すごく面白いミステーリ小説を読みました。 まさにハラハラドキドキ、こんなにエンターテイメントとして楽しませてもらったのは久しぶりだなと思うくらい、特に後半は時間を忘れて読んでしまってたいへんでした。 知念実希人さん著の『硝子の塔の殺人』です…

居心地のいい環境を整える

前回、死ぬまで働きながら趣味も充実させねばならぬ的なことを書いたんですね。 というわけで、ぼくらはきっと、今までメディアで見聞きしたような、なんなら今現在も毎年3月末にやってるような、退職する人を送るセレモニーみたいなものも自分たちの番はい…

ぼくのエンドロールはどっちだ!?

ぼくのリアルでの友人に、コロナ禍以降ぱったりと会わなくなった音楽をされてる方がいらっしゃるのですが、以前は年に何回か飲みに行って芸術談義に花を咲かせたりしておりました。 飲みにいく場所も、この方の音楽仲間のお店だったりするんですが、その中に…

本当は絵にした方がいいのかもしれない

振り返ってみると昨年は、結果が出るのが面白すぎて仕事でアウトプットをしまくってた1年でした。 でも、さすがにやりすぎたのか、もう残りかすしかなくなってたみたいで、それでも結果が出る面白さがやみつきになってたので、せっせと残りかすでアウトプッ…

なぜデジタルで描くのか

半年ほど前だったのですが、絵の大先輩が「デジタルは誤魔化せる」と話されてるのを聞きました。 ぼくがデジタルでイラストを描いてるのを知ってるのはごく少数の方なので、この先輩も当然知らず、なのでデジタルアート全般に対しての個人的な意見として言わ…

【読書感想】『背中の蜘蛛』サイバー犯罪がテーマの警察ドラマ

ぼくらみたいな日々ネットを使って情報収集したり、なんなら個人で情報発信までしちゃうような人ならだれでもハマりそうな物語の小説を読みましたので今日はその感想を書こうと思います。 誉田哲也さん著の『背中の蜘蛛』です。 以下、あらすじ紹介程度のネ…

美少女が好きです

すみません、タイトルに語弊がありました。 いや、あながち間違ってもいないのかもしれません。 違う、そーいう意味ではないんです。 ぼくは美少女の、美少女たりえるための努力が伺えるところに好感を抱いてしまうんです。 ぼくはアイドルにはあんまり興味…

最近の大発見

うちの娘はすぐキレるんですよ。 これまで何でだろう?と思ってたんですが、この正月休みにじっくり観察してると「ああ、おれと性格よく似てるな」と気がつきました。 一言でいえば、自分の予定にないイレギュラーな事態が嫌いなんですね。 わかりやすく例え…

年末に立てた正月休みの目標とその結果について

先日、正月休みを快適に過ごすために、以下の3つの目標を立てました。 1、予定を増やさない 2、酒を飲みすぎない 3、子どもを叱らない 詳細はこちらの記事なのですが rito.gameha.com 今日はその結果を報告する内容にしたいと思います。 28日 1について…

着物は着ないけど着物イラストは描く

あけましておめでとうございます。 …と、書いてから思ったのですが、ぼくはブログ記事の頭で毎回挨拶をしてるわけでもないのに、今回だけあけましておめでとうございますってのもなんか変な話だなとも思ったり、でもやっぱり予約投稿を順番に積み上げてくと…

正月休みを快適に過ごすために

突然ですがぼくは盆と正月が苦手です。 若干神経質なところがあるぼくは、毎日30分刻みで予定を立てて、日々決まったルーティンを1つ1つこなしていくことが気持ちいいのですが、完全に普段と動きが違い、予定も家族や親族の都合で臨機応変になるのがなんか…

音を調べる

iPadを持つようになってから、紙の手帳を持たない生活を続けています。 ToDoリストはリマインダーアプリで管理するんですが、書き込むときはほとんど「ヘイSiri!」です。 そして、今考える必要のないタスクは、たいてい時間指定をしておいて、考えなきゃい…

1日にやることを減らす

今年は夏くらいから、マインドフルネスとかそれに関連する本をあれこれ読んで、心を穏やかにすることを意識的に取り組んできました。 その甲斐あって、かなりイライラすることが減ってはきてるのですが、それでもたまに「クワっ!」となることがあって、まだ…

iPadを買ってしまった

うっかり、iPadを買ってしまいました。 いや、実はうっかりではなくちゃっかりです。 ぼくがiPad Proを使ってるのはいつかの記事で書いたんですが、これまで公私混同で使っておりまして、それこそうっかり、仕事のミーティングの席なんかで、このブログに載…

りとの秘密基地

ひみつ基地というとらいちさんの専売特許ですが、ぼくにも秘密基地があります。 図解するとこんな感じです。 自宅2階で物置にしてる部屋なんですけどね、少しずつ荷物を端に寄せて物置スペースを狭くし「書斎エリア」を作っています。 ぼくは変に神経質なと…

君は、電線を見て何を思うのか?

これはかつて、飲み会が普通にできてた頃のお話です。 ブログで何度か描いてる通り職場の飲み会は2回に1回のペースで参加するようにしているぼくなのですが、仕事関係なく集まる飲んだり食べたりだべったりするのが好きな人たちの集まる会は大好きなんですね…

忘れてしまいたいこと

なにか新しい絵を描こうと思った時、ぼくはとりあえず頭に浮かんだものを全部紙の上に吐き出す作業から始めます。 そうやって出てきたものを並べて、どんな絵にしようかなと考えます。 大体の方向性が決まったらとりあえず描いていきます。 描きながら「ここ…

200円を取り戻せ

とある全国展開している大きなお店での出来事なのですが、そのお店のクレジットカード払いでポイントを貰い、アプリに配信されたクーポンも利用してさらに安く買い物をしました。 その後レシートをみて気がついたのですが、半額のシールが貼られた惣菜が一品…

ぼくの働き方改革

気がついたら完成した下書き記事のストックが切れてしまっていました。 「うーん、困ったぞ」とか思ってたら、今週のお題が目に入ったので、ぼくにとってのフリーな働き方について考えてみることにします。 ぼくは雇われのサラリーマンなのですが、ミドルリ…

ぼくはユニクロを受け入れた

暑い時期と寒い時期になるとぼくはこの話をしてしまうんですが、ユニクロのエアリズムヒートテックが強すぎますよね。 今季もずいぶん助けてもらっているっていうか、最早「24時間毎日全身ユニクロでいいのでは?」ってレベルに便利です。 何度かブログで書…

改めて絵は趣味にしよう(ただしまだ刷り込み中)

突然今日の記事を読まれた方は「なんのこっちゃ?」と思われてしまうかと思うんですが、夏くらいから自分の価値観を再構築するためにいろんな本を読んでるぼくです。 そして、最近なんとなくできてきた考え方をダラダラと書いてみようかなーと思います。 そ…

「絵描きなら作務衣を着ろ」と言われた

最近飲み会がないので、昔飲み会の場で言われた印象的なフレーズを1つ紹介しようと思います。 ぼくが絵を描いてることを話たところ 「絵描きなら作務衣を着ろ!」と御年配の紳士に言われたことがあるんです。 ははは〜と笑いながらも、え?なにその固定観念…

ギリセーフ?だった話

今年、健康診断で引っかかったんですよ。 なので再検査に行ったところ「多分大丈夫だと思うけど、断言できないから半年後にまた来てね」って言われたんですね。 んで先日行ったんですが「やっぱり大丈夫だと思うんだけど、きっぱり言えないので3ヶ月後にまた…

死なないということについて考える遊び

読書好きな知り合いと「不死」について語りました。 ずっと死ねないのは、孤独で辛いのではないかという先方の考えに対してぼくは、 本も漫画も映画もゲームもガジェットも大好きなので、これらがずーっと楽しみ続けられるから素敵なことなんじゃないか?っ…

【読書感想】『ブレイクニュース』今の社会風刺がみっちり詰まった作品でした

思わず一気読みの小説にまた出会ってしまったので今日は感想を書こうと思います。 薬丸岳さん著の『ブレイクニュース』です。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけください。 ブレイクニュース (集英社文芸単行本) 作者:薬丸岳 集英社 Amazo…

12月のイラストと最近感じていること3選

12月になってしまいました。 皆さん、知ってました?あと1ヶ月で2021年終わるんですよ? 今年もマスクでマスクで仕方ありませんでしたね! 例年だったら忘年会という文字が唸りを上げてスケジュール帳に書かれる時期ですが、ぼくの界隈では今年も影を潜めて…

20代の頃見たカールじいさんに想いを馳せる

『カールじいさんの空飛ぶ家』って映画、見たことあります? カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD] ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント Amazon 少年の頃から叶えたい夢があって、その夢のために奥さんと少しずつ貯金をするのだけど、日々の生活…

これが全集中というやつか!?

最近「心を落ち着かせる練習をしてたら、心が凪のように静かになってしまってなにごとも無関心気味になっちゃった。なのでちょっとしたことに感動できるようになりたい。」みたいな話をここ何回かのブログ記事で書いてたんですね。 rito.gameha.com この件に…

【読書感想】『じんかん』大河モノって後半が寂しくないですか?

今日は今村翔吾さん著の小説『じんかん』を読み終えたので感想を書こうと思います。 「あーやばい、ページめくる手が止まらん」ってところまでのあらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけくださいね。 じんかん 作者:今村翔吾 講談社 Amazon 舞台…

アナ雪2にひどく感動してしまったのは心が浄化されたからではないか

今さらなのですが遅ればせながらアナ雪2を観ました。 エルサってなかなかファンキーですよね。髪型とか。 まあ、それはいいとして。 なんか知らんが、えらく感動してしまいました。 何が自分にささったのかよくわからないのですが、とにかく感動してしまい…