りとブログ

オリジナルイラストと読書感想と雑記が主な成分のブログです

画材屋さんに行こう

先日、日本画のごっつい本を買ったお話を書いたんですね。 さっそく触発されて、最近ネットで注文することが多かったのだけど、お店に日本画の画材を買いに出かけました。 昔からずっと通ってる画材屋さんだったんですけど「日本画コーナーってこんなに狭か…

文化系のぼくがオリンピックで楽しみにしてたこと

ブログで何度か語ってる通りの、W杯もラグビーも全く見ないぼくですが、そんなぼくでも今回の東京オリンピックが決まったときに楽しみにしてたことがあったんですね。 それは何かっていうと、以前の東京オリンピックの際につくられた、グラフィックデザイナ…

ネットだろうがリアルだろうが、世の中にはイイ人もワルい人もいる

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」 もうすぐ夏休みになる子ども達が、学校から「夏休みの過ごし方」的なお手紙をもらって帰りました。 目を通していると、SNSやネットのマナーや犯罪についての紙も入っていてそこには「ネットで知り合っ…

誕生日をいいわけに…

ちょっと前に「産まれて初めて40歳になった」って記事を書いた気がしてたんですが、気がついたらもう1年経ってたみたいです。 早い。 めちゃくちゃに早い。 節目を機会に抱負や目標を立てるのが苦手だというのはこのブログで何度か書いたことがあるとおりで…

世の中が便利になってくのに比例して回転が速くなってると思う話

ここ数年、テレビのバラエティやワイドショーを見るのがしんどくなってきてました。 これは歳のせいなのかなぁ?って思ってたんですが、先日「なるほど!」って思う話があったんですよ。 今のテレビ番組は、いつチャンネル合わせても何やってるかが一瞬でか…

気づいたらリビングに水筒の摩天楼が建造されている

ロスジェネと言われるぼくら世代は、小学校の頃に喉が渇いたら水道の蛇口ひねって水を飲んでたってのは共通の思い出じゃないかと思うんですよ。 旧テレビ版のエヴァでさえ、あの大人びたアスカが学校で水道の蛇口ひねって水を飲んでたくらいですから、全国区…

【読書感想】『網内人』このお話、物語の構成がすごい!

今年もまだ折り返しを過ぎたところではありますが、今年の個人的ベスト作にノミネートする小説に出会いました。 陳浩基(ちん・こうき)さん著の小説『網内人』です。 網内人 (文春e-book) 作者:陳 浩基 文藝春秋 Amazon 以下、あらすじ紹介程度のネタバレが…

出藍の誉れ

中学の時、テスト週間になると学習計画と振り返りを記入し、提出すると先生からのコメントともに返ってくる用紙が配られてたんですね。 ある時思いつきで記入欄の真ん中に 「あぶりだし」 って5文字だけ書いて提出したことがあるんです。 そしたら 「本当で…

黄金比ってあるじゃないですか

前回、うっかり最近ぼくが思っているイラスト論みたいなのを書いたんですが、今日は前回の記事を書きながら「とはいえ!」と考えてたことを書こうと思います。 高校時代、ぼくが絵を習ってた先生は、とにかく舌足らずでした。 「絵描きは喋るの苦手なんだな…

嘘つき

今年上半期のぼくのベストバイといえば液タブです。 最近読者登録してくださった方のためにさらっとあらすじを書きますと、ぼくはかれこれ20年くらい板タブと連れ添って生きてきたんですが、3年くらい前に液タブに浮気してみました。 ところが思ったより相性…

時差出勤最高

先日、時差出勤して子どもを園に送ってるって話をかきました。 rito.gameha.com 朝、次男のペースに合わせてゆっくり準備して、通勤通学ラッシュが終わった時間に出勤するわけですが、これがどうやらぼくに合ってるみたいで、以来すこぶる体調がいいのです。…

ブログが繋ぐ創作の輪

7月になりましたね! と言うわけで、毎月恒例のぼくが扉絵描かせてもらってるサイト、今月はApple教さんとこにお送りしたイラストをご覧ください! どうぞ! …間違えました。 こちらです! この2人は、元IT土方の供述の漆うしる (id:UrushiUshiru)きゅんが…

【オリジナル漫画】004話とオールナイトニッポン

今日はたまに更新しているオリジナル漫画の続きをご覧ください。 オリジナル漫画004話 前回のお話はこちらです。 オールナイトニッポン 先日ラジオでエヴァのオールナイトニッポンをやってたんですよ。 シンジくん役の緒方恵美さんと、レイ役の林原めぐみさ…

秋刀魚の蒲焼を2人でわけるユートピア

批判するつもりはないんですが、批判っぽくなっちゃったらいけないので番組名とか誰の話かは伏せさせていただくんですが、先日ラジオ聴いてたらこんな話が流れてきました。 ある方が、お母さんと2人で居酒屋に行って秋刀魚の蒲焼を1匹ずつ食べたらしいんです…

【読書感想】『待ち遠しい』女に産まれてたらぼくは春子さんだったかもしれない

今日は柴崎友香さん著の小説『待ち遠しい』を読んだ感想を書こうと思います。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけください。 待ち遠しい 作者:柴崎 友香 毎日新聞出版 Amazon アラフォー独身女性が主人公 このお話の主人公である「春子」さ…

さよならLINEMO

ちょっと前にスマホのキャリアをLINEMOにしましたって記事を書いたのですが、今日は「その後結局ワイモバイルにしました」というお話です。 これは別に「LINEMOはひどい!」というお話ではなく「ぼくのITリテラシーが低かったのです…」という内容です。 なの…

そうか、金がなかったのか…!!

今週のお題「100万円あったら」 先日、描きたい欲はあるのに描きたいものがなくて、描きたいテーマを探したいって記事を書いたんですが、そんなタイミングで「100万円あったら?」なんてはてなさんからお題が出てて、閃いてしまいました。 ぼくは、自分が自…

描きたい欲はあるのに描きたいモノがない

けっこう前から薄々感じてたんですが、タイトルの通りです。 絵を描きたいって欲は沸々と湧いてくるんですが「これが描きたい!」っていうテーマが自分の中で枯渇しちゃってるみたいです。 なので、大きな画面に世界を構築していくことをすごく難しく感じて…

ぼくはイラストの勉強をしたことがない

って描くと「おいおい自称天才の自慢話かよ!?」って言われそうですが、そうじゃないんです。 あと、厳密に言えばデジタルイラストの話かもしれません。 ぼくの描いてるイラストは、絵の勉強で得た知識で描いてるんですね。 黄金比や白銀比を参考にしながら…

【オリジナル漫画】003話と、ごめんねAmazon

今日はぼくがブログで不定期に更新しているオリジナル漫画の003話をまずはご覧ください。 どうぞ。 002話はこちらです。 ところでAmazonユーザーのみなさん、もうすぐ危険なセールが始まりますね。 欲しいものの目星はおつきでしょうか? ぼくも、ちょいちょ…

タイパという呪縛

こちらの記事を読んで「タイパ」という言葉を知りました。 gendai.ismedia.jp 同世代の皆さん、タイパっていうのは「タイムパフォーマンス」のことらしいですよ! どうもコスパから派生した言葉らしく、今の若者は、何かに対して、かけた時間分の成果や報酬…

【読書感想】『お探し物は図書室まで』あかん…泣いてまう…

小説で久々に泣いてしまいました。 恋人が不治の病で余命幾ばくもなくて感動する系ではなく「良かったねぇ!」って涙が込み上げてくる小説を読んでしまいました。 青山美智子さん著の『お探し物は図書室まで』です。 お探し物は図書室まで 作者:青山美智子 …

絵を描いてるとふっと訪れる時間

年に1枚50号サイズの絵を描きます。 人生のいろんなことの隙間に描いてるので、ゆっくりゆっくり制作を進めていて、始めの頃はなかなか画面が埋まっていかず、しっかり下準備をしてから描いてくのですが、それでも「このまま進めていいんだろうか?」「本当…

ときにはゆっくり歩くのもいい

去年からうちの職場に時差出勤制度が導入されました。 そんな中、今年から我が家の3号が子ども園に行くようになったので、最近は毎日ではないのですが時差出勤を発動させて朝送ったりしています。 こないだの話にもちょっと関連するのですが、1人目2人目の時…

仕事が思い通りになると面白くて時間が溶ける

何度かブログで書いたことがある話なのですが、ぼくが20代の頃というのは就職氷河期がまだ続いていて「働けるだけありがたい」という世の中で「働き方改革」なんて言葉はまだ世の中にありませんでした。 一方で「ワークライフバランス」や「イクメン」なんて…

【オリジナル漫画】002話と「気づき」をいただけるのでブログでの交流は楽しい

ぼくがたまにブログで描いてるオリジナル漫画の続きをご覧ください。 前回のお話はこちらです。 さて、先日ちょっとハッとすることがありまして。 いつも魅力的な絵で楽しませてもらっている永富 月来子 (id:flemy)さんとのTwitterでのやりとりなんですが、…

もの覚えの悪いぼくが悪いのか、それとも…

ぼくの職場のデスクと管轄するスペースは、初見の方はびっくりするくらいスッキリしています。 「どうやって仕事してるんですか?」って聞いてくる人もいるくらいです。 これは、きれい好きとか片付け上手とかそんなんではなくて、あれこれ試行錯誤した結果…

【読書感想】『13・67』警察の推理モノが好きな人全員集合なお話

ドキドキハラハラな推理小説を読みました。 香港出身の小説家、陳 浩基さん著の『13・67』です。 13・67 作者:陳 浩基 発売日: 2017/09/30 メディア: 単行本 香港が舞台の物語なんです。 「ロー」さんという香港警察の警視が、とある大企業の社長殺害事…

【オリジナル漫画】001話と美術館が面白いのに休館でつまらない

先日の日曜美術館でやってたフランシス・ベーコンの特集がめっちゃ面白かったのです。 www.nhk.jp 恥ずかしながら不勉強でベーコンといえば「ベラスケスによるインノケンティウス10世の肖像画後の習作」という怖い絵くらいしか知識がありませんでした。 今、…

左利きとダイバーシティ

何を隠そうぼくは左利きです。 ところが先日、小3の娘に「パパ左利きだったの!?」と言われました。 彼女はこれまでの人生でぼくが左利きだと気づかなかったそうです。 え?親子の交流が足りないからだって? いえ、これには訳があるのです。 ぼくがまだ、…