雑記

ネットの評価、人の評価

なんか買い物をしたりとかするとき、ネットでの評価とか見比べようとすると、いくらでもいろんな意見が出てきて最終的にわけがわからなくなることってありません? そーいう時、ネットって便利なようで不便だな、なんて思うのは情弱の遠吠えなのかもしれませ…

その時その時で1番楽しいことをしてきた

いつの間にか「りとさんは若い時どういうふうに意思決定してました?」みたいな質問を、職場の若い方からたまにもらうようになりました。 家に帰ると、ホームページビルダーで作ったホームページに設置した「日記」に日々の出来事を書き連ねてたあの頃の延長…

オセアニア

「お世話になります」 とメールの冒頭に入力しようとして「オセアニア」と入力してしまうことがあります 「おせ」で予測変換できるように辞書登録しているにも関わらずオセアニアと入力してしまうぼくは、ここではないどこかに行きたいのかもしれません。 と…

こだわりのコンテンツ

日曜画家の先輩から「グループ展をやるのでよろしけらばご高覧ください」とメールを頂いたので、先日ギャラリーに足を運んできました。 別に絵で食っていきたいわけでも、副業にすらしたいとも思ってないぼくが憧れるのは、この諸先輩方のような「仕事で食い…

タグを斬る!

昔からよく服を買いに行くお店があるのですが、そこのお店のタグがここ数年、個性を主張するためなのか、業界全体の流行りなのかどんどん大きくなっていっています。 で、インナーを着てる位置にあればいいのですが、シャツの首元スレスレだったり、パンツの…

ネットで調べただけなのに感謝されるなんてありがたいことです

ぼくはIT系じゃない業種でのIT係を仰せつかっています。 おそらく今のご時世、どんな仕事でもそーいった係の方はいらっしゃるのではないでしょうか。 SNSなんかをぼんやり眺めていると「ネットで調べたら出てくることをわざわざ聞きにくるな!」みたいに言わ…

明日も丁寧に仕事をしようと思う

ひとつひとつのタスクを焦らずミスのないように できれば付加価値がたくさんつくように でも無理はせず メンバーにも負担が偏ってないか気に掛けつつ できるだけ声もかけつつ ミスがあったら素直に謝り 頼み事をされたら応じられる範囲は応えて 退勤するとき…

1000pv

毎月10日頃に、はてなさんから今月のアクセス数が1000pv超えましたとの通知をいただきます。 ということはつまり、1日100人くらいの方がぼくのブログに訪れているということだと、これくらいならスラム高校出身のぼくでもかろうじて計算できます。 スピーチ…

ぼくは常識がない

自分で言うのもなんですが、そしてもういい歳のおっさんですが、ぼくは自分にあんまり常識がないなーという自覚があります。 ですが、これが案外悪いことばかりでもなくて、人に非常識なことをされたり言われたりしても「そんなもんかな」とあんまり気になら…

1時間

1日のうちで、何かを1時間かけてやることってほぼないですよね。 なんか、改めてぼくらの生活は細切れだなぁって思います。 いろんなことを時短で済ませ、できた時間にさらにやることを詰めていく。 最近の音楽って音数多いなぁ〜とか思うんですが、ここに…

また描けるかもしれない

長いこと読者登録してくださってる方はご存知のことなのですが、ぼくはブログに載っけてるようなイラストと別に、アナログで絵画作品もつくって展覧会に応募したりしてたんですが、上2人の子どものスポ少がしんど過ぎて描けなくなり、そのことでカウンセリン…

襲いかかる積読に隠されていた罠

ぼくは本を読むのも大好きで、常時積読のストックを持っています。 先日、そんな山に手を差し伸べたところ、本の帯で指を切ってしまいました。 表紙の面で怪我をするなんて思いもよらず、切った痛さ以上にびっくりしてしまいました。 これは、気がついたら積…

ラジオ聴きながら絵が描けなくなってきた

昔からラジオや音楽を聴きながら絵を描くのが好きで、至福の時間でした。 それがなんか、最近ラジオ聞きながら絵を描いてると、やたら疲れるようになってきました。 ラジオを聴くというインプットと、絵を描くというアウトプットが同時にできない感じ。 これ…

お別れは突然

今日の分の記事を書いて予約投稿してたんですが、公開される直前に読み直してみたら「あんまり面白くないな!」とか思ってしまって全消ししていま即興で書いてます。 こーいう日もいいですね。 でもやっぱ、ぼくは即興で書いてもろくなことが書けそうにない…

ちょっと忙しい

ここ数日、ブログに貼ってるイラストのラフさ加減からお気づきの方もいらっしゃることでしょう。そしてそんなあなたは名探偵の素質ありです。 きっと関係者を集めて結論をもったいぶりながら話すのがお好きなはずです。 そんなことはどうでも良いのです。 今…

迷宮トラップトイレ

観光地や商業施設でトイレを借りた時、掃除が行き届いていると「ありがとうございます。綺麗に使わせていただきます」という気持ちになりますよね。 観光地や商業施設という非日常から、排泄行為という生きている限り続く人としての日常の営みを切り離すため…

ピーマンはさっぱりしているのか?

先日「さっぱりピーマン」というフレーズを耳にして「うわ懐かしー!」と心の中で叫びました。仕事中だったので、叫んだのは心の中だけに留めておきました。そしてさもiPhoneのカレンダーに打ち合わせの予定を書き込んでるかのようなフリをしつつ打ち込んだ…

幸せな光景

こないだ出張に行った際に、目的地にちょっと早く着いたので近くの古本屋さんに寄ったのです。 去年の夏頃にブログに書いたような記憶があるのですが、やはり古本の匂いってなんか落ち着きます。 とはいえ、たとえば古本の匂いのフレグランスとか欲しいか?…

最近サムズアップをよく見る気がする

拳を握り、親指だけを立てるサムズアップを最近よく見る気がします。 2、30代の若手さんたちにお願い事をすると「OKです!」みたいな感じでビシッと決めてきます。 最近流行ってるんですかね? なんか、ぼくら世代だとちょっと古くてダサいイメージって感…

難しいけどやれるだけやりますよ

会議とかで誰かが「無理です」「できません」ときっぱりピシャリと断ってしまうシーンがちょっと苦手です。 その後の場が凍りついてしまうような、あの感じがどうも…って思っちゃうんですよね。 じゃありとは何でもかんでもホイホイ了承するイエスマンなのか…

歯磨き上手かな

誰もが聞き覚えのあるフレーズだと思うんですが、このコーナーで歯磨きをしている子どもはやっと会話ができるようになってきたような小さな子どもたちで、仕上げはお母さんにしてもらうにしても、このコーナーを見てると「ああこれくらいの歳から自分で歯磨…

珈琲を淹れる時間は瞑想に似てる

ぼくはすごいマニアってわけではないのですが、コーヒー豆は挽かずに購入し、飲む時に飲む量だけ挽いて淹れるようにしています。 一応計量カップでお湯を測ったりとか、一定のマニュアルに沿ってだいたい同じものができるようには心がけてはいるのですが、詰…

ハナちがい

「Hanah Spring」さんていう、新曲が出たらチェックしてるアーティストさんがいるんです。 Hanahって名義で出されてた「マイガール」っていう曲がとてもいいなと思って、実はぼくがAmazonで初めて買った商品だったりする思い出のアーティストさんなんですが…

たまに下書きをまとめて削除する

このブログは、ぼくが毎日生活していて、ふと思ったことやら感じたことやらを下書きにメモっておいて、夜中や早朝にこねくり回して記事にしたものにその時やってたお絵描きと共に放出するスタイルをとっているのですが、たまに下書きのままほったらかしにし…

この時期の夕方の散歩が好きです

まだ暑くりきってなくて、でももう肌寒くもないので着込まなくていい、夕方がそんな感じの季節になりましたね。 この時期の夕方に空を眺めながらぶらぶらするのが大好きです。 日が落ちるのも遅い時期ですし、隙あらば夕方外へ出ようとしてしまいます。 なん…

単なる日記

今週はちょっと調子が悪かったので、さくせん「いのちをだいじに」で過ごしました。 あんまり無理をせずに仕事をこなして、隙間に絵を描いて、ゆっくり休む時間を確保しながら、でも子どもの運動会があったので見に行けるように仕事を調整したりもがんばって…

富岡鉄斎は心のパイセン

今、京都国立近代博物館で「没後100年富岡鉄斎」という特別展が行われているんですよね。 www.momak.go.jp 「最後の文人画家」と称される人なのですが「文人画家」ってのは元々は中国で、仕事にせずに教養として絵を描いてた人たちのことを称していて、それ…

シェフの気まぐれメニュー

良いネーミングだなぁと思うんです。 オペレーション化された料理じゃなくて、血の通った料理人が自分のためにつくってくれた手作り感を感じるっていうか。 言葉って面白いですよね。 ぼくももっと上手に言葉を操れたらなぁ、なんて思うこともあるのですが、…

ブログのヘッダー画像を変えたいけどそんなに優先順位が高くない

ブログのヘッダー画像に飽きています。 あたしいのに変えたいなぁ〜と思いつつ、日々のお絵描きを優先しています。 あ、そうやって描いたイラストを使えばいいのか。 でも、ヘッダー用にトリミングする間があったら次のお絵描きがしたいのです。 なかなか悩…

楽しかったはずなのに思い出せない

小学生の頃、友達に借りて遊んだファミコンのゲームで、擬人化された蜂のキャラを操作して遊ぶシューティングゲームがすごく楽しかったことをふと思い出しました。 「なんてタイトルだったかなぁ?」と思ってネットで検索してみるんですが、上手く出てこなく…