りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

読書

【読書感想】『明け方の若者たち』ぼくも昔は若者でしたよ

今日は読んでて苦しくなるけど、その苦しさを味わいたいっていうか、その苦しさが刺激でシュワシュワ来るっていうか、そういう炭酸水みたいな小説を読んだので感想を書きます。 カツセマサヒコさん著の小説『明け方の若者たち』です。 明け方の若者たち (幻…

【読書感想】『魚雷人間』一緒にわけのわからない世界に行きませんか?

今日も今日とて面白い本を読んだので紹介させていただきます。 まけもけ (id:make_usagi)さん著の小説『魚雷人間』です。 魚雷人間 作者:まけもけ 発売日: 2020/10/24 メディア: Kindle版 ぼくがこのブログで読書感想を書く時は、あらすじ紹介程度のネタバレ…

【読書感想】『女帝 小池百合子』すごい本を読んでしまった

方々で話題になってて、都民でもないのですが気になったので読んだらすごい本でした。 女帝 小池百合子 (文春e-book) 作者:石井 妙子 発売日: 2020/05/29 メディア: Kindle版 著者さんが4年かけて周辺の人へ聞き込みを行った結果集まった声と、そこから見え…

【読書感想】『カササギ殺人事件』ミステリーの美味しいとこてんこ盛り小説でした

めっちゃエンターテイメントな推理小説を読みました。 アンソニー・ホロヴィッツさん著の小説『カササギ殺人事件』です。 あまりにワクワクしながら読んだのですが、この作品の魅力をお伝えするためには物語中盤、ちょうど下巻の冒頭にあたる部分に明かされ…

りと10歳、こんなに大きくなりました

前回60歳になった時の話をしたばかりだというのに今日はぼくは10歳だったということに気がついたお話をしようと思います。 きっかけは加藤締三さん著の『「大人になりきれない人」の心理』という本を読んだことでした。 「大人になりきれない人」の心理 (PHP…

【創作漫画】99話と『しょぼい生活革命』

今日も週一で更新してるオリジナル漫画の続きをご覧ください! グランピレパ物語99話 この作品は、しぐれアニキ(id:nagatakatsuki) 主催の「PFCS」という「参加者それぞれが国とキャラを創作して互いに交流する企画」に参加させてもらって描いてます。 現在…

【読書感想】『アメリカインディアンの教え』

興味深い本を読んだんですよ。 『アメリカインディアンの教え令和新装版 子どもを伸ばす魔法の11カ条』という本です。 アメリカインディアンの教え令和新装版 子どもを伸ばす魔法の11カ条 作者:加藤 諦三,詩 ドロシー・ロー・ノルト 発売日: 2020/03/18 メデ…

【読書感想】『タイタン』いい仕事してますか?

またしても面白い小説を読んでしまったのでご報告させていただきます。 野崎まどさん著の『タイタン』です。 タイタン 作者:野崎まど 発売日: 2020/04/21 メディア: Kindle版 以下、あらすじ紹介程度のネタバレありで書きますので、よかったらお付き合いくだ…

【読書感想】『愛なき世界』素晴らしいタイトル詐欺

今日は三浦しをんさん著の小説『愛なき世界』を読み終えたので感想を書きます 愛なき世界 作者:三浦しをん 発売日: 2018/10/26 メディア: Kindle版 三浦しをんさんといえば「舟を編む」とか「まほろ駅前多田便利軒」とかで有名な方かなー?と思います。 ぼく…

個人的にはAIとは勝ったり負けたりするより仲良く共存したい

ちょっと前の記事がバズりました。 どこかに載ったのかもしれません。 共感のコメントをたくさんいただいてありがたかったのですが、過去にバズった時に批判も書かれたりした経験もあるのでちょっと冷や冷やするのが正直なところです。 ネットってそういう場…

【読書感想】『流浪の月』思いやりとマウントと正義と暴力

またしても物凄い小説を読んでしまいました。 凪良ゆうさん著の小説『流浪の月』です。 流浪の月 作者:凪良 ゆう 発売日: 2019/08/29 メディア: Kindle版 もうね、余韻がすごくて大変ですよ。 切ない…。 ああ切ない。 それでいて、ぼくらにガンガンに警鐘を…

【読書感想】『傲慢と善良』みなさん自分に何点つけてます?

凄い小説を読んでしまいました。 ぼくがこのブログの読書感想で「凄い」と書く時って「ページをめくる手を止める事ができなくなった」小説に出会った時なんです。 今回読んだのは、辻村深月さん著の『傲慢と善良』です。 傲慢と善良 作者:辻村 深月 発売日: …

【読書感想】『鹿の王 水底の橋』価値観の違いは話し合わなきゃいかんですな

今日は上橋菜穂子さん著の小説『鹿の王 水底の橋』を読み終えたので感想を書きます。 鹿の王 水底の橋 (角川書店単行本) 作者:上橋 菜穂子 発売日: 2019/03/27 メディア: Kindle版 普段小説をあんまり読まない方にでも「精霊の守り人とか獣の奏者の人」とい…

【読書感想】『予言の島』呪いは実在する!?

みなさん「呪い」ってあると思います? …って、「何を唐突に…」と思われたかもしれませんね! でも、今日これから話題にしようと思っている澤村伊智さん著の小説『予言の島』を読み終わると「呪いって…あるよ…。」って思っちゃうんですよ。 予言の島 作者:澤…

地方に住んでて思う「地方創生」の夢と現実【読書感想】

今日は米澤穂信さん著の小説『Iの悲劇』を読んで思ったことを、感想を踏まえながら書いてみようと思います。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけくださいね。 Iの悲劇 作者:穂信, 米澤 発売日: 2019/09/26 メディア: 単行本 タイトルの「I…

「新世界」は楽園なのか幻想なのか【読書感想】

いつか読もうと思ってブックマークしていた、西野亮廣さんの全ページ公開の『新世界』を読みました。 r25.jp 『えんとつ町のプペル』の人って言えば「あー!」って皆さん思われるんじゃないかと思いますが、以後メディアに取り上げられるたび賛否両論、絶賛…

【読書感想】『風神雷神 Juppiter,Aeolus 』ワクワクの歴史ファンタジー

ぼくのブログでたまに登場するオリキャラに「ジュリア」って女の子がいるんですね。 この子がなぜ金髪なのかについて、これまでぼくは、このブログで語ったことがありません。 なので、ぼくがうっかり死んじゃったりしたら、その後ネットでぼくのイラストを…

「買い物」は「レジャー」になってます

前回の記事で「買い物をする時に悩む時間を減らしましょう」的な記事を書きました。 rito.gameha.com これにちょっと補足というか、つまりぼくは「買う方法と時期」は悩むのやめたんですが「買うかどうか」はめっちゃ考えるんですね。 で、やっぱり悩むため…

【読書感想】『その先の道に消える』SMに潜む性(サガと読む)

またすごい小説を読んでしまいました。 中村文則さん著の小説『その道の先に消える』です。 その先の道に消える 作者:中村文則 発売日: 2018/10/05 メディア: 単行本 いつも通り、あらすじ紹介程度のネタバレありで書きますので気をつけて欲しいのですが、今…

【読書感想】『あなたの1日を3時間増やす「超整理術」』

面白い本を読みました。 こちらの本です。 あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 (角川フォレスタ) 作者:高嶋 美里 発売日: 2014/03/20 メディア: Kindle版 ぼくなりに解釈して一言で言うなれば「身の回りのモノとタスクを徹底的に整理整頓して、必要なも…

【読書感想】『神前酔狂宴』結婚披露宴の現実と働くモチベーション

ものすごく面白い小説を読みました。 古谷田奈月さん著の『神前酔狂宴』という小説です。 神前酔狂宴 作者:古谷田奈月 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/07/11 メディア: 単行本 以下、あらすじ紹介程度のネタバレありで語らせてください。 主人…

【読書感想】『夢も見ずに眠った』大切な人を思わずにはいられない

自分で言うのもなんですが夫婦仲良い方だと思うんです。 とてもありがたいことです。 でも、我が家の夫婦像が完璧なものかと言えばそうではなくて、お互いの性格やらバックボーンやら、親族との絡みやその他諸々が複雑怪奇に絡み合うのが現代社会ですよね。 …

【読書感想】『ネット狂詩曲』中国発のブラックユーモア小説!なかなかにエグいっす!

年末に「『三体』が面白かった!」って記事を書きました。 rito.gameha.com このお話は「文化革命で絶望したある学者さん」のエピソードが発端となって始まるSF物語で、「文化革命をネタにしても良いんだ!?」ってまず驚かされるのが面白いところなんですよ…

【読書感想】『愛と追憶の泥濘』ハイスペック彼氏の秘密が最早ホラー

ぬかるみ。 ドロドロのグチャグチャで、子どもの頃は楽しかった時期もありましたが、大人になると靴も汚れるしあんまり近づきたくないですよね。 タイトルに「泥濘」なんてついてるし、泥濘の前には「愛」と「追憶」が付いてるって、ヘビーな愛憎劇が展開し…

『雪の階』頭のいい人と対面した時に感じる「畏怖の念」

頭の良い(キレる)人と相対した時、自分の全てを見透かされてるような怖さと、逆にさっぱりこちらからは見通せない相手の底を見渡したい欲求からくる魅力と、この両方を感じることってありますよね。 「畏怖」とか近いかもしれません。 今日感想を書こうと…

我が家には「テレビさま」の部屋がある

ぼくのブログの読者さんは、このポットに既視感を感じる方も多いことと思います。 そう、超絶おしゃれハウスMS家にお住いの嫁氏 (id:mashley_slt)さんが紹介されてたステルトンバキュームジャグくんです! www.mashley1203.com この記事拝読して、ぼくも水の…

【読書感想】『三体』その想像力に驚かされた…!

今日は各方面で「面白い!面白い!!」と絶賛されている小説「三体」を読み終えたので感想を書こうと思います。 三体 作者: 劉慈欣,立原透耶,大森望,光吉さくら,ワンチャイ 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2019/07/04 メディア: ハードカバー この商品を…

【読書感想】『テロリストの処方』将来起こるかもしれない物語

いやーいやいやいやいや…!はっ、すみません。あまりに衝撃的なラストの小説を読み終えたので取り乱してしまいました。今日はこのまま感想を認めようと思います。久坂部羊さん著の『テロリストの処方』です。 テロリストの処方 作者: 久坂部羊 出版社/メーカ…

【読書感想】『未来職安』働かなくて良くてもぼくは働きたいかもしれない

「ベーシックインカム」って言葉があるじゃないですか。 生活に必要な本当に最低額を国が支給してくれるようになるってシステムで、もう10年以上話題が盛り上がったり盛り下がったりしている案件です。 曰く「国民の生活が安定する」であったり「単なるバラ…

【読書感想】『地球星人』一気読み必至の衝撃作でした

あー…またヤバい小説を読んじゃいましたよ…。 村田沙耶香さん著の小説『地球星人』なんですけどね、今日はこの小説の感想を書こうと思います。 地球星人 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/08/31 メディア: 単行本 この商品を含むブロ…