読書

【読書感想】『レジェンドアニメ!』仕事頑張ろうって思う

今日は辻村深月さん著の小説『レジェンドアニメ!』の感想を書きます。 ネタバレはしないようにします。 レジェンドアニメ! 作者:辻村深月 マガジンハウス Amazon この話は、辻村さんの『ハケンアニメ!』と言う小説の、スピンオフというかなんというか、ハ…

【読書感想】『変な絵』変じゃ済まされない気味の悪さを楽しむ

雨穴さん著の小説『変な絵』を読みました。 この小説、ホラーとミステリのハイブリッドで、気味が悪いやら面白いやらで一気読みです。 変な絵 作者:雨穴 双葉社 Amazon 以下、ネタバレしないようにあらすじと感想を書きます。 プロローグは、心理学者の萩尾…

【読書感想】『三体X 観想之宙』同人誌の到達点の1つだと思った

今日は小説『三体X 観想之宙』の感想を書こうと思います。 今回はあらすじも書いてないです。 三体X 観想之宙 作者:宝樹 早川書房 Amazon 日々ネットをフラフラと彷徨っていて、かつ本にも興味がある方はまず間違いなく見かけたことがあると思う「三体」と…

【読書感想】『invert II 覗き窓の死角』ついつい読んじゃうシリーズです

今日は相沢沙呼さん著の小説『invert II 覗き窓の死角』の感想を書きます。 本作、前作までのネタバレはしないように気をつけますが一切情報入れたくない方はご注意くださいませ。 invert II 覗き窓の死角 城塚翡翠 作者:相沢沙呼 講談社 Amazon 霊…

【読書感想】『オリーブの実るころ』愛と家族の物語

改めて考えてみると、結婚というのは面白いもので、ぼくら世代だともうほとんどは恋愛結婚なわけですが、はじめは「あの人いいなぁ」って感じで気になりはじめ、すったもんだのなんやかんやの押したり引いたりの末に、交渉成立すれば恋人同士という甘い関係…

【読書感想】『 invert 城塚翡翠倒叙集』ミステリ小説を読む姿勢を問われた!

さて本日は相沢沙呼さん著の小説『 invert 城塚翡翠倒叙集』を読んだ感想を書こうと思います。 invert 城塚翡翠倒叙集 作者:相沢沙呼 講談社 Amazon ぼくはテレビを見る習慣がないんで見てないんですがドラマ化されてぼくの好きな及川ミッチーさんも出…

【読書感想】『同志少女よ、敵を撃て』美少女スナイパーの生き様に夢中になる

みなさん、百合はお好きですか? 今日は、逢坂冬馬さん著の小説『同志少女よ、敵を撃て』の感想を書こうと思うのですが、ぼくは第二次世界大戦を舞台とした作品がやや苦手な傾向にあり、この小説が話題になってた頃も気になりつつ読むのを躊躇っていました。…

【読書感想】『medium 霊媒探偵城塚翡翠』読むのを後回しにしてたことをお詫びいたします

今週のお題「最近おもしろかった本」 今週のはてなさんのお題が上記の通りなので、最近読んでめっちゃ面白かった小説の話をしようと思います。 相沢沙呼さん著のミステリ『medium 霊媒探偵城塚翡翠』です。 medium 霊媒探偵城塚翡翠 (講談社文庫…

【読書感想】『無月の譜』将来の夢を軌道修正した人が読むと沁みますぞ!

今日は松浦寿輝さん著の小説『無月の譜』の感想を書きますです。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけください。 無月の譜 作者:松浦 寿輝 毎日新聞出版 Amazon 表紙の通り将棋のお話なのですが将棋がわからなくても面白いです。 それより、…

【読書感想】『競争の番人』確かに幕の内弁当!

読んでたらちょうどドラマ化されてました。 今日は新川帆立さん著の小説『競争の番人』を読み終えた感想を書こうと思います。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけください。 競争の番人 作者:新川帆立 講談社 Amazon 主人公の「白熊楓」さ…

【読書感想】『香君』めっちゃファンタジーなのに現代社会がオーバーラップする

今日は『香君』という小説がものすごく面白かったのでこの本について語ります。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけください。 香君 上 西から来た少女 (文春e-book) 作者:上橋 菜穂子 文藝春秋 Amazon 著者は、『精霊の守り人』や『鹿の王…

【読書感想】『塞王の楯』え、何これめっちゃオモシロイ!?

今日は今村翔吾さん著の小説『塞王の楯』を読み終えた感想を書こうと思うんですが、先にお伝えしますとぼく、時代小説で初めて感動して泣いてしまいました。 塞王の楯 (集英社文芸単行本) 作者:今村翔吾 集英社 Amazon 大まかなお話については、帯に書かれて…

重い物語の後に軽い物語を読むと無限に楽しめる

このブログは「イラストと雑記と読書感想」と謳っている通り3つの柱があるイメージです(雑記がイラストと読書感想以外の全てを吸収しているところがズルいですけどね!)。 長いことこのスタイルでやってると、新しい読書感想記事を書いた時に、関連記事で…

【読書感想】『十字架のカルテ』精神鑑定医が主役のミステリー

今日は知念実希人さん著の小説『十字架のカルテ』の感想を書こうと思います。 十字架のカルテ 作者:知念実希人 小学館 Amazon このお話は、精神鑑定医である主人公が、殺人を犯した犯人を相手に、相手が精神疾患なのか精神疾患を装って罪を軽減しようとして…

【読書感想】『元彼の遺言状』痛快なお話でサクッと読めた

図書館で予約してたら「ドラマ化決定」ってタイミングで順番が回ってきた小説の読書感想を今日は書こうと思います。 今からだと、また予約回ってこなさそうですねぇ。 荒川帆立さん著の『元彼の遺言状』です。 小説って、自分の読んだ作品がドラマや映画にな…

【読書感想】『わたしの美しい庭』そこは本当に本当に美しい

切なさやら優しい気持ちやら、いろんな感情をグッと持っていかれる小説を読みました。 このお話、余韻がすごいです。 そんな凪良ゆうさん著の小説『わたしの美しい庭』について、感想を書こうと思います。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつ…

【読書感想】『クオリティランド』痛快ディストピア冒険コメディでした

人類がAIに支配され、虐げられてるとも感じずヌクヌクと暮らしつつ、いつの間にか人間としての尊厳を奪われてるってディストピアものは今や世間に多くあるかと思いますが、こんな痛快でコメディで下ネタなお話はなかなかないのでは!?って思わせてくれた楽…

【読書感想】『変な家』本当に変で怖い

帯に「不動産ミステリー」って書いてありましが、これはもはや「不動産ホラー」なんじゃないかと思ってしまいました。 あまりに怖過ぎて、早く真相が知りたくてものすごい勢いで読み切ってしまいました。 ジャンルとしては「小説」でいいのでしょうか?主人…

【読書感想】『硝子の塔の殺人』本当に本格ミステリのテーマパークでした

すごく面白いミステーリ小説を読みました。 まさにハラハラドキドキ、こんなにエンターテイメントとして楽しませてもらったのは久しぶりだなと思うくらい、特に後半は時間を忘れて読んでしまってたいへんでした。 知念実希人さん著の『硝子の塔の殺人』です…

【読書感想】『背中の蜘蛛』サイバー犯罪がテーマの警察ドラマ

ぼくらみたいな日々ネットを使って情報収集したり、なんなら個人で情報発信までしちゃうような人ならだれでもハマりそうな物語の小説を読みましたので今日はその感想を書こうと思います。 誉田哲也さん著の『背中の蜘蛛』です。 以下、あらすじ紹介程度のネ…

【読書感想】『ブレイクニュース』今の社会風刺がみっちり詰まった作品でした

思わず一気読みの小説にまた出会ってしまったので今日は感想を書こうと思います。 薬丸岳さん著の『ブレイクニュース』です。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけください。 ブレイクニュース (集英社文芸単行本) 作者:薬丸岳 集英社 Amazo…

【読書感想】『じんかん』大河モノって後半が寂しくないですか?

今日は今村翔吾さん著の小説『じんかん』を読み終えたので感想を書こうと思います。 「あーやばい、ページめくる手が止まらん」ってところまでのあらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけくださいね。 じんかん 作者:今村翔吾 講談社 Amazon 舞台…

【読書感想】『クララとお日さま』SFの凄い小説を読んでしまった

今週のお題「読書の秋」 今日はぼく的にこの秋1番の小説の感想を書こうと思います。 カズオ・イシグロさん著の小説『クララとお日さま』です。 クララとお日さま 作者:カズオ イシグロ 早川書房 Amazon 以下、あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気…

【読書感想】『兇人邸の殺人』清々しいほどのトッピングのメガ乗せ感

今日は続きが気になって一気読みしてしまった小説の感想を書こうと思います。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますんでお気をつけください。 今村昌弘さん著の『凶人邸の殺人』です。 兇人邸の殺人 屍人荘の殺人シリーズ 作者:今村 昌弘 東京創元社 Amazon…

【読書感想】『三体Ⅲ: 死神永生』こちらの想像力を試される小説だと思いました

小学校の教室の後ろの棚って、自由に読んでいい本が並べてありませんでした? 歴史の漫画とか偉人の伝記とか、でも結局『はだしのゲン』を読んじゃってた記憶があります。 そんな棚にある小説で「面白くて最近ずっと読んでる小説があるんだ」と小3の娘が教え…

【読書感想】『私は真実が知りたい』ぼくも真実が知りたい、でも難しい

森友事件ってあったじゃないですか。 あれがぼくはすごく怖かったんですよ。 報じられてることが本当であれば、国家規模で嘘を貫こうとしているってことで、今後何を信じていけばいいかわからなくなるって話ですよね。 この件は、一瞬桜を見る話にとって変わ…

【読書感想】『網内人』このお話、物語の構成がすごい!

今年もまだ折り返しを過ぎたところではありますが、今年の個人的ベスト作にノミネートする小説に出会いました。 陳浩基(ちん・こうき)さん著の小説『網内人』です。 網内人 (文春e-book) 作者:陳 浩基 文藝春秋 Amazon 以下、あらすじ紹介程度のネタバレが…

【読書感想】『待ち遠しい』女に産まれてたらぼくは春子さんだったかもしれない

今日は柴崎友香さん著の小説『待ち遠しい』を読んだ感想を書こうと思います。 あらすじ紹介程度のネタバレがありますのでお気をつけください。 待ち遠しい 作者:柴崎 友香 毎日新聞出版 Amazon アラフォー独身女性が主人公 このお話の主人公である「春子」さ…

【読書感想】『お探し物は図書室まで』あかん…泣いてまう…

小説で久々に泣いてしまいました。 恋人が不治の病で余命幾ばくもなくて感動する系ではなく「良かったねぇ!」って涙が込み上げてくる小説を読んでしまいました。 青山美智子さん著の『お探し物は図書室まで』です。 お探し物は図書室まで 作者:青山美智子 …

【読書感想】『13・67』警察の推理モノが好きな人全員集合なお話

ドキドキハラハラな推理小説を読みました。 香港出身の小説家、陳 浩基さん著の『13・67』です。 13・67 作者:陳 浩基 発売日: 2017/09/30 メディア: 単行本 香港が舞台の物語なんです。 「ロー」さんという香港警察の警視が、とある大企業の社長殺害事…