りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

なんか体力ついてきたので、ちょっと遠くへも走って行ってみたいです。

今週のお題「遠くへ行きたい」

先日の、「休校中の子どもの宿題」絡みの話なのですが、毎日「なんの運動を何分したか?」を記録するカードを持って帰ってるんですよ。

というわけでぼくはここのところ、日中は鼻血が出そうなくらい働いてるんですがきっちり定時に職場を離れて家に帰り、夕飯前に子どもを連れて一緒にジョギングをしております。

そして1時間くらい走って汗だくになって帰って、グビッと青汁飲んでそのままザバンと風呂に入り、iPhoneで遊びながらじっくり首まで湯船に浸かってさらに汗を流しまくり、そのまま夕飯に突入、ワインで乾杯って生活を繰り返してるんですが、このコンボはハッキリ言って極楽です。

「こんなに充実した生活の送り方があったのか…!?」と震えていて、コロナ後もなんとかどうにか続けたいなーと画策している所存です。

ところで、ぼくは走りながらいろんな家の庭先を見るのが好きです。

…っと、この話をうっかりしちゃうと「怪しい人!?」と言われかねないのですが、ぼくは怪しい者ではありません。

じっくり見てるわけではなく、なんというか、その家の住人の息遣いを感じるのが好きなんです。

かけっぱなしのハンガーとか、置いてある三輪車とか、花壇の手入れ具合とか「ここに人が住んでる!誰かの生活がある!」みたいな雰囲気が楽しいんですね。

そこには、ぼくとは違った価値観の人が、その人の美学で作り上げた世界があって、そういうのが外にまで漏れ出してるのが庭な気がして、見ていてワクワクするんです。

なので、いろんな景色が見たくて、ジョギングで走るルートも毎回ちょっとずつ違います。

ここ1ヶ月くらい、雨の日以外は毎日走っていたのでアラフォー喘息持ちのぼくもちょっと体力ついてきたみたいで、前より走れるようになってきました。

こんな調子で、さらに足を伸ばしていろんな景色を楽しみたいなぁ〜って思ってます。

夕方の景色ってのも、またいいんですよね。

道ゆく人が、その日の活動を終えて、家路に着く感じ。

それぞれの人が、パブリックからプライベートに移っていく感じ。

結局ぼくは、ブログも似たような楽しみ方なんですよね。

個人的な、どうということのない日常だったり、ささやかなイベントだったり、ちょっとしたハプニングだったりを綴ってるのを読むのが大好きです。

そういえばラジオもそんな感じで、有益情報をギュッと圧縮して流してる番組よりは(そーいうのも聞くけど)、ぼくの知らない世界の話をゆったり語ってくれるような方が好きで、半分聞き流してたり、気になるキーワードが聞こえてきたら聞き耳立てたり、そんな聞き方です。

心も体も、いろんな所へ行って、いろんな人の生活や考えに触れてみたいです。

なんか最近似たようなコトばかりブログに書いていますが、しみじみと日々自分と向き合って生活し、充実している。そんな感じです。