【読書感想】『烏に単は似合わない』をファンタジー好きにもそうでない人にもススメたい!!

こんにちは、りとです。

今日は阿部智里さんの『烏に単は似合わない』が凄く面白かった!って話をします。

ぼくの感じた面白さを伝えるために中盤のちょっとした事件について核心に触れない程度ですが書きます。もう読むつもりでいる方は閲覧注意です。

烏に単は似合わない? 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)

烏に単は似合わない 八咫烏シリーズ 1 (文春文庫)

 

第一印象は「和風ファンタジー」。舞台設定が個人的に好みでした。

「八咫烏」が支配している「山内」という世界が舞台なんですね。ちなみに隣の国は天狗の国です。

八咫烏って神の使いと言われてる、足が三本の神聖なカラスですよね。

んで「山内」を支配するのが「宗家」、「宗家」の長が「金烏」。

「宗家」の下には東西南北を司る4つの有力貴族がいて、彼らは「宮烏」と呼ばれ、人型で生活を送っています。

対して町に住むちょっと裕福な庶民は「里烏」、山間部に住む農民は「山烏」と呼ばれ、必要に応じて烏になったり人型になったりするのですが、いよいよ食うに困った者は「馬」と呼ばれ、ずっと烏の姿で荷車や馬車を引いたりする仕事で糧を得てるって設定です。

物語は、次期「金烏」である「若宮」が妃を娶ることになり、それぞれ東西南北の四家から妃候補の姫を「登殿(とうでん)」させよ、と命がくだるところから始まります。

妃候補の4人の姫は「桜花宮(おうかぐう)」という宗家内にある男子禁制の大奥みたいなところにあるそれぞれ春夏秋冬を表した宮殿に住み、そこで若宮に選ばれた姫が妃になります。

自分のところの姫が妃になれば、大きく権力を持つことになるので4家は気合いを入れて姫を送り出します。

そんな中、東家では当主の長女「双葉」が体調を崩し、「ニノ姫」が急遽登殿することになりました。

4人の姫

以下、初登場時のぼくの第一印象をイラストに乗せて勝手に描きます。公式のイラストもあるので比較してみてくださいね!

 

東家 春殿の姫「あせび」

f:id:rito-jh:20180117173405p:plain

 登殿時名前がなかったので、現金烏妃に「あせび」と名付けられるが、これが貴族間での侮蔑用語なのに喜ぶくらいの世間知らず、天然、健気、素直、メインヒロイン。

 

南家 夏殿の姫「浜木綿(はまゆう)」

 

f:id:rito-jh:20180117173428p:plain

ハキハキした口調の気っ風のいい男前、風流、すらっとしたモデル体型。

 

西家 秋殿の姫「真赭の薄(ますほのすすき)」

f:id:rito-jh:20180117173450p:plain

 豪華絢爛。セクシー。美女。高飛車。

 

北家 冬殿の姫「白珠(しらたま)」

f:id:rito-jh:20180117173506p:plain

知的、クールビューティー、ちょっと何考えてるかわからない。

 

さあ!みなさんどの姫が好みですか!?

物凄いどんでん返し

うまいですよね、この4人の姫の設定。王道を押さえてる!っていうか。

そして、姫たちが火花を散らして衝突したり切磋琢磨したり友情を芽吹かせたり、大奥っぽいから陰謀めいた勢力争いが浮いたり沈んだりしながらも、あせびがまっすぐひたむきな努力で妃の座を射止めるサクセスストーリー、って思うじゃないですか。

違いました。

中盤、ある人物の死をきっかけに、一気に物語の方向が変わるんです。

そして読み終わると4人の姫の印象がはじめと全く違うものになります

この「してやられた感」がぼくは本当に心地よかったです。

「ああ、だから松本清張賞か!」と納得のストーリーでした。

ぼくはこの本を読みながら、伊集院光さんがテレビでむかし「キャンディ・キャンディを子供の頃みたときは、イライザが嫌いで仕方なかったけど、大人になって見直すと、好きな男の子に振り向いてもらうために日々努力してたのに突然やってきたそばかすなんて気にしない娘に奪われそうになったらそりゃ意地悪したくなる。」と話してたことを思い出しました。

おっと、これ以上語るのはやめます。

興味持ってくださったらぜひ手に取ってみてくださいね!

「全てをさらけ出す」のと「秘密がある」のと、どちらの家族が理想ですか?

こんにちは、りとです。

今日はインテリアの話をしようかと思いますよ!

清家清さんの『私の家」ってご存知ですか?

清家清さんは戦後日本を代表する建築家さんで、画像検索とかすると「戦後間もない頃にこんなカッコいいデザインを!?」っていう建物がたくさん出て来ます。

casaブルータスでこんな記事があったりして「おお!」って思ったりしたところです。

casabrutus.com

そんな清家さんが、自分のために建てたのが『私の家』なんですね。

ぼくは「美の巨人たち」で特集された時に初めて知って驚いたのですが、この家にはドアがないんです。そう、風呂にもトイレにもです!

「一緒に暮らす家族に秘密があってはならない」という思想からなんですね。

衝撃でした。朝、歯磨きしているお父さんが隣で便器に座ってる娘に「今日は学校で何の勉強をするんだ?」なんて会話をするのだそうです。

でも、考えてみればもともと日本の生活って秘密のない文化で、ふすまとか障子なんていう、仕切ってないような仕切りで部屋を分けていたわけで、浮世絵なんかみてても割と平気で「子供をあやしながらおっとうとおっかあがヤっちゃってる」みたいな景色は普通に出てきます。

最近のおしゃれ建築雑誌なんかをみてても「家族がゆるく繋がれる家」なんてことで、部屋をしっかり区切らない間取りの家はたくさん出てくるので、清家清さんの『私の家』はその先駆けとも言えて、一般公開されてる『私の家』には、建築を学んでる方や建築ファンだけでなく、新しく家を建てようとしてる方とかも大勢詰め掛けてるそうです。

一方フランスでは…!?

その後『フランス人は10着しか服を持たない 』を読んでぼくは驚いたことがありました。

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

 

著者さんがフランスでホームステイをしていた時、 夜「部屋着」でキッチンをうろうろしていたらマダムに驚かれた、というのです。

「裸」ではないんです「下着」でもないんです。それでも驚かれたというのです。

フランスでは家族間ですら部屋着を見せることははしたないとされているのだそうです。メイクしてる様を見せるのもNGです。

これは、たとえ家族であっても常に身なりに気を抜かず、いつまでも相手にとって魅力的な人間でいるため、なんだそうです。なので素の状態は見せない。

そういえば、『ごぶさた日記』という「相手に全てをさらけ出した結果、旦那とごぶさたです」というエッセイ本がありますよね「そういうことかー」とも思いました。

ごぶさた日記 子育て夫婦世代の寝室事情ルポ (コミックエッセイ)

ごぶさた日記 子育て夫婦世代の寝室事情ルポ (コミックエッセイ)

 

 対極だなー、と思いました。

どっちがいいとか悪いとかではないと思うのですが、それぞれに思想信条があって、どっちもカッコいいな〜、いろんな考え方があって面白いなぁ〜、なんて思うと同時に「我が家はどうかなー?」って考えたりもしました。

まぁ、ぼくのブログの常連さんはぼくの絵を見て「お前は秘密が好きなんだろ!」とつっこまれてるかもしれませんね!

f:id:rito-jh:20180116092458j:plain

ぼくはイラストによく「見せずに醸す可愛さ」をこめてるつもりです

竹久夢二とか大好きです!ロマンがありますよねー。

皆さんは、「さらけ出す」のと「秘密がある」のとどちらがお好みですか!?

【読書感想】ファミコン囲んでみんなで遊んだことを思い出す『インサート・コイン(ズ)』

こんにちは、りとです。

今日は正月に読んですごく面白かった『インサート・コイン(ズ)』という小説を紹介します!

ゲームライターの主人公がレトロゲームについて記事を書く話

インサート・コイン(ズ)

インサート・コイン(ズ)

 

主人公の柵馬朋康さんはゲームライター歴6年の26歳、79年生まれです。

というわけで舞台は2005年、業界関係者ではなくただのゲーム好きのぼくの記憶では「据え置きゲームや雑誌が売れなくなり始めた!」なんて話題をよく目にしてた頃です。

そんな時期に、ゲームライターとして駆け出しでもなく、一流のベテランでもなく、先行き怪しい業界でなんとかやっていってる柵馬さんが、目標としている先輩ライターや、腐れ縁の小説家と一緒に仕事をこなしたり日々を暮らしていく様子を各章オムニバス形式で綴っていくお話です。

各章で取り扱ってるテーマがファミコン世代にはたまらんのです!

以下、各章のタイトルとともにあらすじをさらっと語ります。

「穴へはキノコを追いかけて」

「マリオのように動くキノコは実在するのか?」そんな阿呆らしい記事を書く話から始まるのですが、取材の中で柵馬さんは「なぜマリオのキノコは動かなければならないのか」「なぜマリオはジャンプするとき手をあげるのか」について考えます。その、意外な理由とは?

「残響ばよえ~ん」

柵馬さんの中学時代のお話です。学校では全く会話しないのだけど、行きつけのゲームセンターでよく会うことから次第に仲良くなっていった女の子がいました。どんなゲームもめちゃ上手い彼女に柵馬少年が唯一勝てるのが「ぷよぷよ」でした。そんな彼女とのやりとりと淡い恋と「なぜぷよぷよはあんなにカラフルなのか?」という話。

「俺より強いヤツ」

「格ゲーのストーリーはあって無いようなもの。それでも戦うのはなぜか?」その謎を解くため、その筋で一世を風靡したリアルストリートファイターにインタビューに行った柵馬さん。そこで聞いたそれぞれのファイターのストーリーとは?

「インサート・コイン(ズ)」

シューティングゲームは「ゼビウス」ですでにフォーマットが完成してしまったという説があるそうです。なんとか新しい要素を取り入れた新作を生み出そうとした結果、弾幕が画面を覆う「無理ゲー」しか作られなくなってしまった…それでもシューティングゲームが作られ続けるのはなぜか?

「そしてまわりこまれなかった」

柵馬さんのもとにずっと交流が途絶えていた、子どもの頃一緒にゲームをやりまくってた親友から年賀状が届きます。そこには一文「ドラクエⅢで最大の伏線が何かわかるか?」とだけ書かれていました。数日後、この親友が自殺したとの連絡を受けます。彼が柵馬さんに伝えたかったメッセージとは?

どうですか?同世代のゲーム好きにはたまらないことないですか?

柵馬さんと同世代なので余計にシンパシーを感じるのかもしれません。

ぼくはこの小説を読みながら、子どもの頃ゲーム好きの友達で集まってみんなでわいわい遊んだりゲームの内容について語り合ったり(その中に気になる子がいたり)した情景を何度も思い出してしまいちょっぴり切なくなってしまいました…!

また、何と言っても物語中に隠された「謎」が解き明かされていくのがとても面白いんです!

ちなみに、このお話の続きが年末に紹介した「ナウ・ローディング」でした。

rito.gameha.com

本当にこの著者さんすごい。

他の本も読もうと思いました! 

「あとで読む」サービス『Pocket』の使い方を説明します!

こんにちは、りとです。

先日Twitterで、いつも交流させていただいている阿豆らいち (id:AzuLitchi)さんから

f:id:rito-jh:20180113132355p:plain

というお言葉をいただいたので…

f:id:rito-jh:20180112173005p:plain

と、お応えしました(※嘘、大げさ、紛らわしい表現が含まれています)。

というわけで今日はぼくがワリとよく使ってる「あとで読む」サービスの『Pocket』について説明しようと思います。

ブックマークするほどでもないけどあとでゆっくり読み返したい記事を保存する

「あとで読む」系のサービスって色々ありますよね。

そもそも、この類のサービスを利用すると便利な人って下記のような人だと思います

、隙間時間などにネットで大量に記事を流し読みして、その中のいくつかを時間があるときにじっくり読みたい。

、でも、ブックマークやEvernoteみたいなメモアプリをいっぱいにしたくない。

この2つに当てはまる人に「あとで読む」系のサービスはとても良いと思います。で、ぼくはその中で『Pocket』が使いやすいなー、と思い使ってます。

『Pocket』の使い方

まずは、何は無くともユーザー登録です。

ブラウザでも使えますし、スマホ・PC用アプリもあって、同じユーザーIDならいくらでも連携します。

getpocket.com

ここからは『Pocket』のアプリのインストールしたiPhoneで実際の使い方を見てこうと思います

f:id:rito-jh:20180112174214j:plain

適当にネットで徘徊してて、「え!?何この漫画!面白いじゃーん、あとでじっくり読みたいじゃーん!」ってなったら、矢印の所をタップします。

 

f:id:rito-jh:20180112174422j:plain

すると、ここに『Pocket』が出てくるのでタップします。これで『Pocket』に保存完了です。

あとは、じっくり読むことができる時間を待ちましょう。

 

f:id:rito-jh:20180112174516j:plain

来たるべき時に『Pocket』のアプリを開くとこのように表示されます。相当この漫画が気になっているみたいですね!誰が描いた作品なんでしょう!?

 

f:id:rito-jh:20180112174723j:plain

ここが『Pocket』のキモです!

改めて読んでみて「興味深かったけど、もう読むことはないかな。」と思ったら①をタップします。これで、この記事はこのアプリから消えます。

しかし「これは永久保存だ!!」って思った場合は勇気を持って②をタップするのです。

 

f:id:rito-jh:20180112174908j:plain

するとさらに他のアプリに送ろうとするので、ぼくはここで上記矢印をタップしEvernoteに保存します!そうしてもらえる漫画を私は描きたい…。

(Evernoteは、ぼくが説明しなくても良いくらい有名ですよね!?)

いかがでしたか?

最近のこういう「ネタを溜め込む系」の管理方法は「ガサッと保存してタグやキーワードで検索する」だと思うのですが、何でもかんでも「ガサッ」とやってると、web上からネタを集めているつもりが「メモアプリ内に第二のwebを形成してた!」なんてことになって、なんだかなーって思ってる方もいらっしゃると思うんです。

そんな方に、残すか消すかを吟味できるのが『Pocket』みたいな「あとで読む」系のサービスかな?って思ってます。

どうでしょう?何か、お役に立てましたか?立てたら幸いです!ではー

3分30秒以内の音楽が流行りなら、スピーチも3分30秒以内が愛されるかもしれない

こんにちは、りとです。

年始早々奇跡が起きまして、不定期にアップしているオリジナル漫画の続きが今日も描けてしまいました!

グランピレパ物語45話

f:id:rito-jh:20180110110947j:plain

この漫画は、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の「参加者それぞれがオリジナルの国とキャラをつくって互いに交流する」企画「PFCS」に便乗させてもらっています。

pfcs.hatenadiary.jp

そして魔王がやって来たライスランドはお米ヤロー (id:yaki295han)さんの国です!

yaki295han.hatenadiary.jp

このキャラ、以前もも登場してるのですが人気キャラです!皆さん、好きですねぇ〜。

 

さて今日後半は音楽の話をします!

最近人気の曲は3分30秒以内のものが多いらしいですね

去年の夏頃のニュースなのですが、音楽ストリーミングが主流になった結果、最近のヒットチャートにランクインする音楽はどんどん短くなってるらしいですね。

wired.jp

5秒以内に歌が始まって1分以内にサビが始まって3分くらいで終わる曲が今は主流なんだそうです。

この話を最初聞いたときは「時代の流れだなー」と思うと同時に「でも、そうは言ってもそれぞれに好きなテイストの曲を好きに聞くよね!」とも思ったんです。

ぼくはAmazonのプライムミュージックも好きでよく使ってるのですが、こういったサブスプリクション系のサービスって、次々にいろんな曲を聴いてしまうので、一曲一曲をじっくり味わって聞けないなぁって思ったんです。

なので「出会い」や「BGM」には最高なのですが「じっくり聴く」ってのももう一回やりたくて最近は改めてCD買って、ライナーノーツ読んで、リスト通りに聴いてみるのもいいなと思っています。

ただ一方でこの「3分30秒以内」ってのは一部真理もあるなって思うんですね。

スピーチも3分30秒以内が親しみやすいのでは?

ぼくは仕事でセールストークやプレゼンをしないといけなかったりするのですが、この「3分30秒」ってニュースを見てから「1つの話題に対して3分30秒」てのを意識してみたんです。学者さん的に統計取ったり研究したりしてませんが、以前より親しみを持ってもらいやすくなった気がしてます。

なので、そういう話し方の練習のつもりでブログも「読み上げたら3分30秒」を意識してみてます。文字数でいうと大体1200字くらいを目安ってイメージです。

熱がこもり過ぎてオーバーする事も多いのですが、義務化すると苦しいのでゲーム感覚で挑戦してます。

という訳で、一見モニターに向かって1人で書いてるブログがコミュ力向上につながったりするんじゃないか?なんてブログの可能性に思いを馳せたりした今日この頃でした!

(ここまで1139文字!)

観たことがある映画をレンタルしてしまっても「忘れること」を恐れず生きていきたい。

こんにちは、App Storeのアイコンがサザエさんに見えるりとです!

今日もブログで描いてる漫画の続きが描けたので乗っけます!

グランピレパ物語44話

f:id:rito-jh:20180106083008j:plain

このオリジナル漫画は、長田アニキ(id:nagatakatsuki) 主催の「参加者それぞれがオリジナルの国とキャラをつくって互いに交流する」企画「PFCS」に便乗させてもらっています。

pfcs.hatenadiary.jp

そして、魔王様が検索しているのは一緒にこの企画に参加しているお米ヤロー (id:yaki295han)さんのブログです!

yaki295han.hatenadiary.jp

いやぁ、前回「魔王軍募集」ってポロッと書いたら猛者の皆様からバンバン魔王軍候補が集まりつつあります!

ちょっとびっくりしましたがとてもありがたいので、また登場させますね!!

というか、みなさんカッコイイの送ってくださってるんですが、この漫画なのでもれなくギャグキャラになりますよ?いいんですか!?

さて、3日に映画「君の名は。」をテレビでやってたじゃないですか。

映画館に見に行ってしこたま感動した作品だったのですが、細かいところとかさっぱり忘れてますね…!

という訳で「忘れる」ってことについて今日後半書いてみようと思います。

大抵のことは忘れる

ぼく、映画のマーベル作品好きなんですよ。

先日「観てない作品レンタルしよう!」て思って『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』をレンタルしたんですね。

最初の「隣、失礼!」ってシーンで「これ観てたよ!!」って狼狽しました

でも「せっかく借りたから」という貧乏根性で続けて見てたら「色々忘れてて面白いな!」って楽しめたんです。

 

映画に限らず漫画も小説もゲームも、いくら面白い作品に出会ってもいつの間にか忘れます。

せっかく時間を捻出してるのに、何だったのか?自分に何も残ってない!意味ないじゃん!としょんぼりすることもあったんです。

でも最近「こう考えればいいかな?」ってのに出会ったんです。

「これ面白かった」という経験だけは心の栄養になってる気がする

細かい内容は忘れてしまいますが「作品に触れてる間楽しかった」ってことだけは覚えているんですね。

これが心の栄養になってる気がするんです。

もっと大げさに言えば「また楽しい体験がしたいから明日も生きてやろうかなー?」くらいのものになってるようにも思えます。

そう考えたら、長い時間を奪われるので「時間の無駄じゃない?」って大人になるとよく言われる据え置きゲームも、プレイする価値があるように思えて来ました。

そんな訳で今後も忘れることを恐れずにたくさんの作品に触れていきたいなー、なんて思ったぼくです。

ちなみに、ぼくの漫画も「面白かった」っていう印象が残ってくれたらうらしいですね!

ではー。

小さくまとまってしまったぼくですが、そんな自分も良いかなって思えるようになってきました。

こんにちは、りとです!

今日はブログで不定期に描いてる漫画の続きが描けたのでご覧ください!

グランピレパ物語43話

f:id:rito-jh:20180105084637j:plain

改めて説明しますと、この漫画はりとオリジナルである一方、長田アニキ(id:nagatakatsuki) が管理人をされてる「参加者それぞれがオリジナルの国とキャラをつくって互いに交流」する創作企画「PFCS」に便乗させてもらっています!

pfcs.hatenadiary.jp

前回、というか正月にまとめたこの記事の続きとなっておりますので、前のお話にご興味持たれた方は合わせてご覧ください!

昨年の秋以降、ちょっと仕事が忙しくてあんまり続きが描けてなかったのですが、また時間のある時にユルユル描きたいなぁって思っています!(正月のまとめ記事で「好きです」を沢山たくさんいただいてしまい、とても嬉しかったです!!)

 

さて、今日後半は最近気付いたぼくの心境の変化について書こうと思います。

第一線で活躍してる友人知人に対して焦らなくなった

地方に住んでるのでそんなに多くはないのですが、ぼくにも何人かアートやイラスト、漫画業界で活躍している友人知人先輩後輩がいます。

その方達の迷惑になってもいけないので名前は控えさせていただきますが、かつては一緒に飲んだり歌ったりアニメイト行ったりしてた仲だった彼ら彼女らが作品を発表し活躍している様子を雑誌やネット、ギャラリーや店頭で目にすると、心がざわざわして「お前は何してるんだ!?」と胸を締め付けられるような思いをしていました。

それが「最近なくなったなー」とふと気がつきました。

「皆無」じゃないんですが、かなり小さくなったというか「うまく付き合えるようになった」という表現が適切かもしれません。

不惑の40歳が見えてきたこともあるのでしょうし、振り返ってみると贅沢しなければ嗜好品にも回せるくらいの収入があって、帰る家があって、趣味を楽しむ時間もなんとか捻出できてることが大きいんだろうな、って思います。

一般にいう「小さくまとまった」って表現なのかもしれませんが、それでもまぁそこそこ楽しく毎日過ごせていますし、心の平静を保つためのよくできた人間の機能だなー、なんて感じてます。

「多分、ぼくの人生はこれでいい。」と最近は思えてます。

もちろん、「何かを表現し発信したい」という欲求をこのブログで満たせてもらえてるのも大きいです。ほんとお付き合いくださるみなさんありがとうございます!

ではまた!