りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

小豆島に行きました(前編)【瀬戸内国際芸術祭2019】

またしても瀬戸内国際芸術祭2019に行ったお話です。

今回行ったのは、小豆島です!

小豆島は広い!

小豆島は、神戸からも姫路からも高松からも岡山からもフェリーで行けるのですが、車ごと乗るとちょっとビビる運賃なんです。

例えば我が家の場合、新岡山港から往復で

全長4m〜5m未満の車と運転手 15000円

大人1人 2180円

小学生2人 2200円

で19380円になります。

ね、ビビりますよね?

それでも子連れは車で小豆島に行くことをお勧めしたいです!

瀬戸内国際芸術祭は「12の島と2つの港を舞台に」してるのが特徴なのですが、その中でもダントツに広い島が小豆島です。

そして、本当に島のあちこちにアート作品が点在しています。

例えば、こういう道の駅の駐車場にズボッと車を停めて。

f:id:rito-jh:20191018084233j:plain

建物に入ると巨大なオブジェが登場。

f:id:rito-jh:20191018084346j:plain

中を覗くとこんな素敵な世界が!

f:id:rito-jh:20191018084412j:plain

「素敵!!」と感動したら、「ここにある作品は以上なので、次の目的地へGO!」ってノリです。

 

これが公共交通機関の場合「えーっと、次のバスの時間は?」ってなるんです。

デートとかならいいのですが、これは子連れには苦行です。

以前、車をフェリーに乗せる運賃をケチって辛酸を舐めまくったぼくがいうので間違い無いです。

逆に車で行くと最高です

f:id:rito-jh:20191018085308j:plain

こういう、ちょっと開けたところがあちこち駐車場になってます。

そしてテントがあって、地元の方々が何かされてる様子なので見に行くと…

f:id:rito-jh:20191018084531j:plain

信じられるか…このそうめん、無料なんだぜ…?(おにぎりとコーヒーも)

アート作品の横まで車で行って、駐車場に停めたら「そうめん食べてけ!」って言われます。最高じゃないっすか!

こんな感じで、アート作品を求めて島の中を車で縦横無尽に走ります。

テンションが上がっても安全運転を心がけましょう!

f:id:rito-jh:20191018084610j:plain

空き家に置かれたミシン。

人がいなくなっても機械は働き続ける。

ウォーリー…。

f:id:rito-jh:20191018085634j:plain

たまたまた入ったトイレも壊れてた!

f:id:rito-jh:20191018084838j:plain

置き去りにされた学習机が、自然に還ろうとしている…。

f:id:rito-jh:20191018084928j:plain

使っていたのは、ぼくと同世代かちょっと下だと思われます。

f:id:rito-jh:20191018085016j:plain

台所で時を刻む振り子時計。

f:id:rito-jh:20191018085048j:plain

ミラーボールの前で踊る障子戸。

f:id:rito-jh:20191018085119j:plain

くると回って…

f:id:rito-jh:20191018085135j:plain

こちらを向くと島の風景が映し出されます。

この戸の片面がずっと見ていた景色なのかもしれませんね。

f:id:rito-jh:20191018085442j:plain

こちらの家は天井に絵が描かれています。

これは、天地創造というよりは天地崩壊の図…。

大量廃棄アカン!

f:id:rito-jh:20191018085730j:plain

巨大要塞。

海に向けられた集音器から集まった音を屋内で聞くことができるってわけか!

f:id:rito-jh:20191018085841j:plain

倉庫の中に集められた犬のオブジェ!

この建物には、実は光と影を使ったトリックアートが隠されているので、ぜひみなさまご自身の目で確かめていただきたい!

f:id:rito-jh:20191018090035j:plain

立ち寄った駐車場でまたそうめんをいただいた。

もてなし感が半端ない!

テントの中で席を分け合って食べたのでちょっと影になってしまいました。

f:id:rito-jh:20191018090148j:plain

芸術祭とは直接は関係ないのですが、実写版映画の『魔女の宅急便』で使われた「グーチョキパン屋」のロケセットがそのまま移設されて使われている雑貨屋があります。

正面は人が写り過ぎるので斜めからとりました。

ここ、おすすめですよ!

www.olive-pk.jp

f:id:rito-jh:20191018090307j:plain

休憩したらまた芸術祭に戻ります。

空に突き出た塔。

f:id:rito-jh:20191018090328j:plain

中を覗くと、千と千尋の湯屋みたい。

f:id:rito-jh:20191018090403j:plain

このトイレ、アート作品なんです。

「アートの中で自己解放」ってことですね!?

f:id:rito-jh:20191018090433j:plain

以前の芸術祭で立ち寄ってどハマりした醤油屋さんです。

以後我が家の醤油はずっとここから取り寄せています。

まじでおすすめです。

kinryo-shoyu.co.jp

f:id:rito-jh:20191018090531j:plain

思わず片足を乗せたくなる作品。

でもぼくより大きい。

f:id:rito-jh:20191018090641j:plain
二十四の瞳映画村にて。メデューサに襲われた村ではありません。

f:id:rito-jh:20191018090739j:plain

港の守護神。

f:id:rito-jh:20191018090750j:plain

この港はヤノベケンジさん推しです。

ぼくも好きなので気が合いそうです。

f:id:rito-jh:20191018090825j:plain

港の夕方ってなんでこんなに胸に迫ってくるんだろう…?

島で一泊しました

瀬戸内国際芸術祭の記事を書くときにぼくがブログに載せている写真は、たいてい1歳児を抱っこしながら片手でiPhoneで撮った写真の中から「これはうまく撮れた」ってのだけなんですね。

「まぁそれくらいの方が、ブログ見て興味持たれた方が、実物を見た時の感動があっていいよね!」という自分に都合のいい解釈によるものですが、そんなわけでここに載せてるアート作品は本当に小豆島にある作品の1部なんです。

ということで、実は今年のはじめ頃にホテルを予約していたのでした。

ほんとこの日に雨降らなくてよかった…。

お話は次回に続きます。