りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

一緒に塗り絵してくださった皆様をご紹介します(3)

f:id:rito-jh:20191129054921j:plain

どうもども!

人様のふんどしてブログ記事を3つも書いてしまったぼくです!

というわけで「ぼくの描いた線画に一緒に色ぬりしませんか?企画」にご参加くださった皆様の作品を紹介する第3弾です!

ホントありがとうございます!

それでは今回も一緒にアート散歩に出かけましょう〜。

19、むにゃこ (id:munyasan)さん

f:id:rito-jh:20191129055252j:plain

完成作品がぼくの線画状態の時より布が減ったりする作品を送ってくださる方もいる中、見てください!

布が増えています!

ぼくはここに、母の愛情を感じずにはいられません。皆さん見習いましょう!!

緑に塗られた髪とサンタ衣装のコントラストがとても綺麗ですね~。そしてプレゼントの袋の立体感!

背景も美しいですね~。クリスマスの夜空に輝く満点の星と降り注ぐ祝福!左上のキラキラとか、めっちゃメルヘンです!

www.munyakosan.com

 

20、いとねまる (id:sitonemaru)さん

f:id:rito-jh:20191130215800j:plain

クレヨンの温かみと、背景と仕上げのデジタル感、ともすれば妙な違和感を生みかねないのにめっちゃマッチしてますね!画面全体から優しさが溢れ出てます~。

ブーツやサンタ衣装にさしてある赤みが透明感あってイイですね~。

そして、いとねまるさんはとても沢山の配色計画と、いとねまるさんのおっしゃるところの「ボツ絵」をブログに載せられてるのですが、どれもとても素敵だったのでぜひ紹介させてくださいとお願いしてしまいました。

f:id:rito-jh:20191207175850j:plain

配色計画、大事ですよねぇ。デジタルって塗り直しが簡単なんでついつい省略しちゃいますが、こういうのはじめにつくっとくと色置いていくのがすごい楽ですよね。

ボツにされた絵もとても楽しいです。

f:id:rito-jh:20191207175950j:plain

温かみあふれる背景の作品や、ブラックサンタの小悪魔感!

f:id:rito-jh:20191207175907j:plain

結構好きです!

fulafulawings.hatenablog.com

  

21、あけみダイナミック(id:akemi_12mg)さん

f:id:rito-jh:20191130215849j:plain

これは、ぼくの苦手なアニメ塗りです!

パッキリと色分けした時に綺麗に見える色がうまく選べないから沢山色を置いてぼやかしていると行っても過言ではないのです。それに引き換え、あけみさんの色のチョイスの上手さ、ですよ!

アニメ塗りって、引き算ですよね。そして引き算って日本美術がずっと追求してきた禅の世界です。

つまりアニメと禅はイコールで結ばれる

だからこそ、日本でこれだけアニメが発達したんだとぼくはこっそり思っています。

ご覧ください、ファーのモコモコ感なんてバッチリ表現されてますよ!すごい!!

www.akemi-12mg.net

22、番茶 (id:bancya)さん

f:id:rito-jh:20191208051759j:plainなんて幻想的な透明感!

背景の街の明かりと夜の登張が何重に折り重なることで、全ての光が淡く優しい照明となってすなおちゃんに降り注いでいるかのようです!

特に白い部分に落ちている紫の影がイイですよね!ファーの質感なんてホント素敵です~。輪郭線が完全に消えている!そして舞い散る雪がファーの暖かさをよりきわださせている!

横長の構図に無理やり納めた謎のポーズを「屋根の上で一休み」って解釈に落とし込んだところも技ありですね! 

junkpalace.hatenablog.com

23、nanpoo(id:nanpoo) さん

f:id:rito-jh:20191208052134j:plainこちらはセピアカラーの使い方が凄い!

黄色ってぼく難しいんですよ~。キラッとした演出が欲しくて黄色塗ったら「あれ?なんか黄ばんだ感じになったな…」ってこと、しょっちゅうなんです。

なのにこの作品見てください!とても暖かい黄色味です。勉強になるなぁ~。
嫌味を感じさせない高級感を演出してるように思いました。

背景にコルク調のテクスチャが使われてるところもナイスな演出ですね!「コルクボードに貼られた」みたいなオシャレ感になりますね!

www.nanpooblog.com

24、梢瓏 (id:cloise)さん

f:id:rito-jh:20191208053015j:plain

ご覧くださいこの丁寧な線画を!

ああ…今回ご参加くださったみなさんの声が聞こえてくるようです。

「この線画に塗りたかった」と!

「雑で細部がどうなっているかわからない線画を提供してしまって申し訳ありません!」と謝りたくなってしまうような線画を作ってくださいました。

足もちゃんと全部画面内に収まってますね~。

梢瓏さんは今回、こんな丁寧な清書をしてくださったのですが、本業の方の制作と体調を崩されたのが重なって、塗りは間に合わなかったとのことで、一旦ここでご提出くださいました。

完成作品はまたブログに上げられるそうですので、チェックしてみてください!

syaoruu.hateblo.jp

ありがとうございました

3回に分けてまとめさせていただいた今回の塗り絵企画も、いよいよ締めに入ってまいりました。

やー、沢山の方にご参加いただいてホント楽しかったです。

こうやってかまってもらえるのって、ありがたいことだな~って思うんですよ。

ぼくがこのブログに求めてることって、楽しくお絵かきが出来て、それネタにみなさんと楽しく交流ができることなんですね。

そういう意味では、今回の企画はある種ぼくのブログの集大成みたいなところがあるな~と思ったりするんです。

ネットって怖い面や、心ない言葉が飛んできたりするところもあるじゃないですか。
みなさんホント優しい言葉と共に参加してくださって、お互いの作品を称え合って、素敵なことだな~って思いました。

前も書いたことがあるんですが、ぼくは子どもの頃、まわりとなんかうまく合わせられなくて、ちょっと浮いた感じの子だったんですよね。

それが、絵を描いたら「上手いね」て言われて周りに人だかりができて「やっとチャンネルが合った」って思った経験があるんです。

それから、美大を目指してることや、美術の大学生であることをアイデンティティに10代を過ごし、社会人しながらも絵を描いてることを支えにココまできてるので、こうやって絵で交流ができることは本当に嬉しいです。

家族5人で路頭に迷うわけにはいかないし、家のローンもあるのでプロを目指すとかは全くないのですが、これからもぼくにとって世の中とチャンネルを合わせるためのツールで、深呼吸やヨガみたいな、そんな感じでお絵かきと付き合っていきたいなって思ってます。

ありがとうございます。

このブログやっててよかったっす。

…っていうと、最終回のフラグっぽいのですが、うしるきゅんが送りつけてきた線画もあるので、このブログは今後もいつも通りダラダラとぼくのいろんなものを垂れ流していこうと思います。

よろしくお願いします。