りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

ダメ出しをしてくる上司のぼくの対処法

こんにちは、先日描いたおっさんイラストが意外なほど好評で調子に乗っているりとです。

というわけで、落書きですがまた描いてみました!

ちょっと知的なロマンスグレーおっさん

f:id:rito-jh:20180516183551j:plain

こちらは、はむすた親子(id:micyam-ucyan)のお母様でいらっしゃるうーちゃんさんとのやり取りで浮かんできたイメージで、部下の提案したアイデアに「ソレ、なかなかいいじゃないか。」なんて言っているちょっと疲れた上司です。

「ちょっと幸せ」感を表現しようとしたら、ちょっと若返ってしまった気がします。まだまだ精進が足りませんね!

ところで、うーちゃんさんはTwitterでこのようにおっしゃってくださいました。

「気長に待たせてもらいます」の 素敵すぎる表現だなぁって思いました。

「普段から何事に対してもこういう言い方がしたいなぁ」と思っているまんまの表現をされてらっしゃったのでとても感動しました。

そしてこの感動から、イメージが一瞬で固まってしまって一気に描いてしまいました!ごめんなさい!

しかし、実はおっさんリクエストは他にもいただいたので、当分このブログの落書きはおっさんパレードと化すかもしれません!

そして実はこんなおっさんを描こうと思った理由がもう1つありまして、上司の話なんです。

なんか上司が嫌いな人って意外に多いな

最近、ふと思ったんです。

働いてると、休憩時間とか飲み会とかで、みんなギャンギャンに上司の悪口言ってるなー、と。

で、それに対してあんまりぼくは怒りがないなぁ、と。

こないだもちょろりとブログに書いた通り「パワハラ」なんて言葉が浸透してから、ぼくの職場では「オラオラ系」な上司はすっかりいなくなったような気がします。

代わりに増えたのがやたら「ダメ出し」してくる上司です。

でも、仕方ないとも思うんですよね。

コンプライアンスとか色々新しい横文字が出てくるようになって、世間様のチェックも厳しくなって、それで最終的には責任を負わされるわけですから、気になるものはなんでも差し戻したくなるわなー、と。

「責任は俺が取る!お前らの好きにやれ!!」みたいなカッコいいことはなかなか言えない世の中ですよね。

なのでぼくはこうしてます。

7割の完成度で提案する

どうせあとで差し戻しされるのですから、初めから7割くらいの完成度でなんでも上に上げるのです。

この時気をつけることが2点あります。

1つ目は「未完成」だと思わせないことです。

未完成を提出するのですが、それが見抜かれると手抜きがバレます。一応それっぽくしてから上にあげます。

…と言っても、上司にはバレてる気もします。要は、完成度と所要時間をはかりにかけて「これくらいなら及第点だろう」と思わせられるか、だと思ってます。

2つ目は、4割くらいのところで「こんな感じで行きます」と報告しとくことです。

7割でもたまに「オールダメ出し」は起こり得ます。それは面倒臭いので、4割くらいで方向を示しとくのです。

これにはもう1ついい事があって、4割が7割になるとかなりできてる感が伝わるので、7割が未完成に見えにくくなるのです。

そんな感じで、腹黒く計算高く上司とお付き合いしているせいか、あまり腹が立たないぼくでした。何かの参考になれば幸いです。

 

それにしても、昔のようにオラオラさせてもらえないのに、責任だけは昔以上に負わされるわけですから、上司って仕事は大変だなって思います。