りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

『STEINS;GATE』をやっと見ることができた

みなさん『STEINS;GATE』ってご存知ですか?

2011年頃同名のゲームのアニメ化でめっちゃ話題になってた作品でしたよね。

何度かブログで書いてるとおり、ぼくはこの頃あれやこれやと忙しくて、アニメやゲームといったサブカル的なところからかなり離れて生活をしていました。

そんな心が乾いた頃に、ふと「潤いを取り戻そう」と思い、ゲオでレンタルしたことがあったんです。

STEINS;GATE Vol.1【通常版】 [DVD]

STEINS;GATE Vol.1【通常版】 [DVD]

 

あらすじだけで「面白そう!」…なのに…!

ご覧になったことのない方のためにさらりとあらすじを書こうと思います。

主人公の「岡部 倫太郎」君は「未来ガジェット研究所」と名付けた発明サークルのリーダーを務める大学生です。

普段は、何の役に立つのかさっぱりわからないものしか発明しない研究所なのですが、ひょんなきっかけから、過去にメールを送ることができる機械を発明してしまうんですね。

「世紀の大発明」と、その機械の効果を試すためサークルのメンバー達といろんなメールを送って行くうちに、少しずつ歴史を改変してしまい、遊び半分だった未来ガジェット研究所は、巨大組織に命を狙われるようになります。

ただ1人、過去を改変する前の未来の姿を覚えておくことができる特異体質の岡部君は、サークルのメンバーたちとの穏やかな日々を取り戻すため、過去を修正するため奔走するのでした。

はじめは見られなかった…!

あらすじだけを見ると、SF好きな人にはたまらない「バタフライエフェクトもの」なんですよね。

でも、DVDをレンタルしてきた当時、ぼくは続きを見て行くことができませんでした。

なぜか?

それは、登場人物が濃かったんです。

主人公の岡部くん、とぼくはあえてここまで表記しましたが彼は「狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院 凶真」と自称します。つまり中二病なんです。

彼の親友である、通称「ダル」はネットスラングを駆使して喋るハッカーです。また幼馴染の女の子「まゆしぃ☆」はネジのゆる〜い天然ちゃんとして登場するんですね。

他にも、物語に深く絡んでくる主要キャラが「〜だにゃん」と話すメイド喫茶の女の子や、男の娘な神社の跡取りとか、なんというか「フルコース」なんですよね。

当時のぼくにはハイカロリーすぎたんです。

最近ハマった…!

それが、最近アマゾンのプライムビデオにあることに気が付いて改めて見たのですが、当時感じてた抵抗感が全くなく、するっと物語の世界に入れたのです。

そして、一度入れてしまうとめちゃくちゃ面白くて、一気に見てしまいました。

もう一度言いますが、めちゃくちゃ面白かったです。

そして、なぜこうやって入り込めるようになったかと自分を振り返ってみると、やはり「ブログを始めたことをきっかけにもう一度サブカルの世界に帰って来られたから」というほかないのです。

ぼくは、日常生活ではアニメやゲームの話をする相手がいません。

なので、このブログで綴ってるような内容はぼくの口から発せられることはありません。

ブログしてなかった頃はサブカル特有のある種の空気に対して免疫が著しく低下してたんだと思います。しかし、それがいつの間にか回復してたんだと思います。

みなさんがいつもぼくのブログを読んで色々絡んでくださるからこそ、ぼくは『STEINS;GATE』を見ることができました!

『STEINS;GATE』みたいな作品のことを「見る人を選ぶ」というのかもしれませんが、そんな尖った作品を楽しめるのってとても豊かなことだと思うんです。

それでは、これから『シュタインズ・ゲート ゼロ』を見ようと思っているので、こちらに関してのネタバレはしないでくださいね!