りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

ブログは軽い気持ちで作成して軽い気持ちで更新しても充分楽しい

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」

はてなさんの今週のテーマはすごいですね。

誰が誰をターゲットにして書いたらいいのかさっぱりわからないテーマですね!

しかし、もともと「表現」っていうのはそれくらい自己中心的でいいようにも思います。

「自分の中にあるものを外に発散する事が楽しい」

絵も歌も書も踊りも文章ももともとはそういうもののような気もします。

もちろん「受け手」がいてくれるから表現を通じた「対話」ができるわけで、それも大事な事だと思います。

このやりとりを「収益」に変えることも、趣味が仕事になって素敵なことだと思います。

一方で、表現が「自分主体」から次第に「受け手視点」重心を置いて考えないといけなくなって行かなければならないって側面もありますよね。

その結果洗練され発展してく分野もあるから悪い事だとは全く思わないし、面白いわけですし尊いものでもあるとも思います。

純粋にブログで稼げる方をすごいとも思ってます。

同時に、ぼくみたいにダラダラと記事を積み重ねていくのもひとつの芸だと思って自己肯定もしております。

先日、十六夜ヒロ (id:einhander1341)さんが 「1年以上はてなブログProで書いててデイリー300PVなのは、僕のブログぐらいだよ。」と申されておりましたが、思わず「ぼくもですよ!」と親近感をお送りしました。

ぼくは来月でプロ契約2年になります

なのに最近で300超えてるのって去年の12月くらいでして、それもほとんどは下記の通り、小説「ぼぎわんが、来る」と続編の「ずうのめ人形」の記事で、これは映画「来る」公開の影響だろうなー、ほとぼり冷めたら元に戻るだろうなーって思ってます。

f:id:rito-jh:20190105160541p:image

1記事30分

じゃあなんでブログ書いてるかっていうと、やっぱ言葉を吐き出すのが楽しいからなんですね。

先日、今年の抱負記事で述べましたが、今年は今まで以上にブログを気楽に書こうと思ってます。

rito.gameha.com

そのための具体的な取り組みとして、年明けてからの記事は「1記事30分」を心がけてみてます。

時間をかけて悩んで書いたりしない。

と言っても、突然白紙のところからは書けないので、iPhoneのメモ帳に記事になりそうなフレーズとかネタはストックしといて、それらのいくつかを繋いでるんですけどね。

あと、ちょっと経って読み返してみて、変なところは直したりもしてます。

「最近りとの記事読みにくくなったな」とかあったらごめんなさい。

でも、これすごく気楽です。

サードスペースのイメージ

これも以前書いた事があるのですが、ぼくにとってブログは、職場と家庭の間にふらっと短時間立ち寄る居酒屋?カフェ?…なんでもいいんだけどうそういう場所のイメージです。

読者登録させていただいてる皆さんは、そこの常連さんって感じでして。

その時目に止まった方のお話を聞かせてもらってるっていうような、そんな妄想をしてます。

たまーにバズって1000PVとか行った時は「講演会」かな?

このイメージを持てた時にすごく気が楽になった事を思い出したので、もう一度その時の気持ちに立ち戻って意識して書いてみようかなー?って最近思ってます。

ブログのプロ契約すると、なんとなく収益出さないといけないような気になりますが、本来「趣味」ってついついお金かけちゃうものですよね。

釣りでも自転車でもカメラなんでも良いんですが、こだわりだすとお金かけて楽しんでしまうヤツです。

「まずは形から」とかね!ありますよね!?

それがなぜか、ことブログに関しては「お金かけたら収益出さなきゃいけない」みたいな気がしてたことに、ある時はたと気が付いたんです。

そんなわけで「他の趣味と同じようにちょっとお金かけてみよう!」と思いプロ契約に至ったわけです。

ぼくみたいなのは異端だとは思うのですが「こういうのも良いもんだよ。」とブログ初心者へのメッセージにしてみようかと思い、今日はダラダラ書いてみました。

お付き合いありがとうございます。