りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

最近本当に手抜き記事を量産しておりますがブログが5周年です

タイトルの通りでございます。

f:id:rito-jh:20200226163132j:image

去年の正月くらいに「ここのところ次第に忙しくなってきて、これまでのペースでブログ書けないかもしれない、もしくは記事の内容薄くなるかもしれない。」的なコトを書いたんですよ。

その後ぼくは、記事の内容が薄くなる方を選択しました。

今、だいたい30分くらいで書ける内容を2日に1回間隔で予約投稿しながら更新するようにしてるんですが、どうやらぼくのペースにバッチリ合うようで、気がついたら本日よりこのブログは6年目に突入することになりました。

とはいえ、別段企画を用意しているわけでもなく、記念イラストもないので、急遽コピー用紙にペンで楽描きをしてみたものの、あとはいたって通常運行です。(イラストブログとしてスタートしたはずだったのにね!)

しかし、この「通常運行」が大事なのかもしれません。

これはいつか書いたことがあるかもしれませんが、ぼくの大好きなアーティストである及川ミッチーさんが「流行ると廃れるから、ぼくは流行りたくない。」とどこかで言われてたのを思い出します。

このブログも、いっときは1日500PVとか行ってた時期があったんですが、そういうのずっと意識して「もっともっと!」って思いながら続けるのってぼくには向いてなかったみたいで、モチベーションがベロンと下がった時期がありました。

で、こりゃいかんと思って以降逆に気にしないようにしたらすごい楽になったんですね。

これがずっと続けられてる秘訣なんだろうなっ〜て思うんです。

日常でふっと気になったことをiPhoneのメモ帳に入力しといて(最近のAppleのメモ帳はエバーノート級に便利です。「読書感想とかも30分ですか?とご質問頂くことがあるんですが、読みながら思ったことをメモ帳にその都度書き込んどいて、最後にまとめます。)、メモったキーワードから1000字くらいの話を膨らませてダラダラっと書く。

それくらいが、ぼくにとってちょうど良いブログとの距離感みたいです。

皆さんにとって有益な情報はほぼないかと思われますが「ブログ書きたいけど書くことがないなぁ」って方に「あぁ、こんな程度の内容でも良いのね」と、そっと背中を押せるようなブログがあってもいいんじゃないかな、と思っております。

いつもお話ししている通り、仕事帰りにプラっと寄ったカフェで、常連の皆さんに「最近こんなことがありましてね〜」ってたまに30分くらいひっかけてから帰るみたいな、今は子どもが小さいから真っ直ぐ家に帰ってるけど、そんな生活にも憧れているぼくのブログに今後もお付き合いいただければ幸いです。

あと、そろそろ本当に絵の具頭飽きてきたので新しいアバター考えたいです。

そして、似たようなことを今年の正月に書いてたことを今思い出したぼくです。