りとブログ

オリジナルイラストと読書感想と雑記が主な成分のブログです

ゆるーく繋がってたのに切れた縁をまた繋ぎたい

基本的にインドアなぼくは、去年から続くウィズコロナな自粛生活ともどっちかというと相性が良くて、わりとステイホームを楽しめているように思います。

別に休日にどこか出かけなくても、早朝にジョギングという名の徘徊をして、日中は引きこもって絵を描いたり本を読んだり、家の掃除や片付けをして、夕方散歩するみたいな、そーいう休日にものすごい充実感を感じています。

そんなぼくですが、こう、ネットを通じて頻繁に連絡取り合ったり、ちょくちょく会ったりするほどじゃないんだけど、たまーに会って「最近どう?」みたいな、そーいう友人たちとの縁がこの1年ちょいで次々とぶっつりいっちゃってるなぁ、と感じています。

さすがにちょっと寂しくなってきています。

別に毎週のように飲み歩きたいわけでもないんですが、やっぱ飲んで語るってのはそれはそれで楽しかったんだよなぁ、と。

「zoom飲み会」なんて言葉も流行りましたが、zoomを使った会話は仕事だけでもういいかなぁって感じます。あの微妙な間というか時差というか、あれは人類のコミュニケーションにはまだ早いのではないでしょうか?なんて!

ジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんが、去年の早い段階から「過去の疫病の記録から、生活が元に戻るには3年はかかる」とラジオで言われているのを聞きました。

3年かぁ…とか思ってましたが、今の状況見てると本当にかかりそうだし、最近の様子を見てたらひょっとしたらさらに長引きそうだな、とさえ思えてきます。

ぼくら働き盛り勢はいいとして、この時期に学生してる皆さんは、貴重な毎日の積み重ねをごっそり奪われてて、本当に気の毒だなと思います。

申し訳ないんだけど、ぼくが今学生だったら世の中を恨んでいたかもしれないな、とか。

なんて思ってたら、実はうちの親父も去年亡くなったお兄さんの葬式にも行けなかったし、いまだに線香をあげに行けてないのだそうです。

親父の実家はちょっと遠くて、ウチから車で4時間ちょい、公共交通機関を使うともっとかかるし、ぼくが子どもの頃は近くまで高速道路も来てなかったので車で1日かかってた記憶があります。

「免許返納までコロナ禍が続いたらもう線香あげられないかもしれない」と先日ぼやいていて、そういう影響もあったかと、改めて思わされました。

明日は我が身、もとい30年後は我が身です。

3年を10回重ねたら30年。たかが3年、されど3年。

今はステイホームは苦じゃないけれど、また気軽に飲みに行けるようになったら将来後悔しないように、この間に切れた縁をまた繋ぎにちょっとだけ頑張りたいなと思いました。

f:id:rito-jh:20210825063048j:plain