りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

我が家のバルミューダのトースターがリコールで新品になった

2年ほど前にぼくはこんな記事を書きました。

rito.gameha.com

概要を説明しますと「独身時代から使っていたトースターが壊れたのでバルミューダのトースターを思い切って買ったらパンがめちゃくちゃ美味しく焼けてこりゃかなりコスパ良いですぞ!」ってお話です。

f:id:rito-jh:20170127085551j:plain

あれからもうすぐ2年、毎日幸せなパン生活を送っていたのですが10月のある日、購入店舗から一通のお手紙が届きました。

スチーム壊れて漏電するかもしれないからリコールです

2017年の1月まで生産された型番でスチーム機能に不具合が起こり漏電の恐れもあるということで、新型と無償交換してくれるというのです。

2017年の1月というと…

まさにトースター買った月じゃん!

一応、トースター背面のシリアルコードも確認しましたがバッチリ該当です。

実は、アマゾンとかで星の少ない方のレビューを読んでると「スチームが壊れる」とか結構書かれてて、ちょっと気にはなってたんですよね。

ウチのもいつかスチーム逝くかなぁ〜?って内心ヒヤヒヤしてたのです。

やったぜ!

手順はスーパー楽チンでした

こちらのページで自分の家にあるトースターの型番を入力します。

www.balmuda.com

交換対象ならそのままウェブで申し込みでした。

申し込みが完了すると「近いうちにヤマトさんがお宅に新品持って行くから家にあるトースターをそのとき渡してね」と通知が来ました。

あとはワクワクしながら待ってました。

忘れた頃にやって来ました!

我が家が地方だからでしょうか?

申し込み手続きをして1ヶ月後に突然やって来られました。

一週間くらいはワクワクしながら待ってたのですが、その後完全に忘れてたので「さっきまで使ってました」くらいのパンくずだらけ状態のまま渡してしまいました…。

でも受け取ってくれました。すみません!ありがとうございます!

というわけで、ようこそ新型くん!

うん。やっぱパンうまい。

f:id:rito-jh:20170127085609j:plain

改めて「買ってよかったな」って思いました

高いものを買うときは清水の舞台から飛び降りるような気分になりますよね。

でも、だからこそ愛着も湧くし大事に使おうと思えるのかなー、と思います。また、何かあった時にこうやって丁寧に対応してもらえるのも嬉しいです。今回はぼくは不具合が起きずに新品交換になったから余計にそう思うのかもしれませんが、次も安心してバルミューダの家電を買えるなーって思えます。

別に「高級なものを買いましょう」って話ではありませんし、企業側も無償交換することで発生する目の前の損害と長い目で見た時の利益を勘定してのことだってのもわかってます。

それでも、やっぱ「買ってよかったな」って思えるものに囲まれて生活するのは楽しいです。家にいて「なんで買ったのかわからない」って思うものが視界に入るのはテンション下がるんです。

なのでぼくは、今度のアマゾンのサイバーマンデーも真剣勝負です。(そして貯金はいつまでも増えない)