りとブログ

イラストと読書と雑記のブログです

手帳を持たないぼくのメモアプリの使い方

先日「iPadを持つようになってから手帳を持たなくなった」というお話を書きました。

rito.gameha.com

若干その続きなのですが、何年か前にアップデートされたメモアプリが めっちゃ気に入っていて、このメモアプリを自分なりに使えるようになった頃からすごい頭がすっきりと整理できるようになったので、今日はそんな話をしようと思います。

メモ

メモ

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

 ちょっと自慢っぽい話ですが、参考になるところがあれば嬉しいです。

f:id:rito-jh:20200315065647p:plain

フォルダ整理が便利

ぼくが気に入ってるのが、メモ内でフォルダが切れるところなんですね。

ぼくはこんな感じでフォルダ分けしてます。

f:id:rito-jh:20200315065923p:plain

上から順番にさらっと説明しますね。

  • メモ
    メモアプリのデフォルトメモフォルダです。
    どのフォルダに入れたらいいかとっさにわからないものや、メモ作成時にフォルダ指定できなかったものがここに来ます。あとで整理します。どのフォルダにも入らなかったらそのままにしときます。
  • ネタ
    いわゆる「ブログネタ」です。
    仕事の人とかオフラインで付き合いのある人に覗かれた時ように「ネタ」としています。
  • パスワード
    あらゆるもののパスワードです。
    iCloudキーチェーンで管理してもらってますが、こちらにも転記してます。
    ネット関係以外でも、色んなもののパスワードって世の中にあるじゃないですか。そんなパスワードも全部ここに書き込んでます。
  • ブックマーク
    いわゆる「後で見る」系です。
    気がついたらブラウザごとのブックマークやら、ブックマークサービスやらあちこち行くので、ここに決めてます。
  • 画像メモ
    写メったりキャプチャ取ったりしたものはここです。今後これに関してはGoogleドライブでもいいなって思ってます。
  • 気になった音楽
    サブスクやラジオから流れてきた曲で、気になったものの、タイトルやアーティスト名をメモっときます。
  • 読みたい書籍
    小説、ビジネス書、雑誌など、まとめて呼ぶには「書籍」かなと。
  • 読みたい漫画
    気になってる漫画のリストです。
  • 買ってる漫画
    本屋に行って「あれ?何巻まで買ってたっけ?」ってこと、ありません?
  • 備忘録
    覚えておきたい人の名前がここに羅列されてます。
    名刺のやりとりしない出会いって、結構あるじゃないですか。
    会ったときの印象やら特徴的なキーワードと共に、名前をここにメモってます。奥さんの友達の名前とか、とっさに出てくると好印象です。
  • 欲しいもの・買うもの
    「欲しいなあ〜」ってぼんやり思ってるもので「次何かのセールの時に買おう」って思ってるものや、日用品でストックが切れかかってるもので「次買い物に出た時に買おう」なんてもののリストです。これ、買い物の無駄がなくなるのでめっちゃおすすめです。

つまりEvernote

使われてる方は「Evernoteだな!」って思われたことかと思うんですが、ぼくはこれをもとともEvernoteでやってたんです。

でも何年か前の仕様変更でEvernoteがちょっと使いにくくなったんですよね(ファンの方ごめんなさい!)。

メモを書きに行くまでが手間だったり、無料版の場合、連携できる端末の台数が制限されたのが致命的でした(金払えって言われたらぐうの音も出ませんが)。

で「代わりのアプリはないかなー?」って思ってたタイミングで、このメモアプリがアップデートして、今みたいな使い方がしやすくなって、以後ぼくは「用がすんだら消しちゃう情報はメモ、資料集のようにずっと残しっぱなしにするメモはEvernoteにも飛ばしとく」みたいに使うようにしたんです。

メモアプリはApple IDでログインできる端末ならどれでも書いたり見たりできるので、気になった時にさっと書いて、必要な時にすぐ見られます。

メモは命綱

異常な量の情報が飛び交う世の中で「忘れてしまってていい」っていうのは、本当に気楽で素敵なことですよね。

「あれ何だっけ?」ってときに感じるモヤモヤと時間の浪費感って、確実にストレスで寿命を縮めてると思うんです。

記憶のための容量を全てクリエイティブのために使えるっていう自由さは、ちょっとした快楽です。

ぼくはホントにいろんなことをすぐ忘れます。

なので、とにかくなんでもメモとってます。

これが、ぼくが現代社会でなんとか生き延びていくぼくの知恵です。