今宵もひとり、書斎で思いつくまま。

自宅の物置になっていた部屋をコツコツ片付けて書斎エリアを作ったことは何度かブログで書いた通りなのですが、1日の終えてここにいるとものすごく癒されます。 ルンバが掃除を終えて充電スタンドに帰ってきたみたいな。 テレレレッテレーって音楽が脳内で…

これで良い、これが良い、このタイトル前をつけたことあるかもしれない

前回、小説を読むように物語を楽しむゲームが好きって話を書いたんです。 rito.gameha.com このタイプのゲームの評価ででたまに「それもうゲームじゃなくて良いのでは?」ってのを見かけます。 他にも、あまりに露骨に村人やギルドマスターに依頼されたとこ…

加速する世界で

とくに結論もなければ主義主張もない話を以下ダラダラと書きます。 ぼくが寝る前に30分ほどゲームをして現実逃避をしてるのはブログで何度か書いた通りなのですが、最近は『英雄伝説 閃の軌跡』というのをプレイしています。 www.falcom.co.jp 英雄伝説とい…

クリエイティブな職場です

目が回りそうだった4月が終わって、最近はちょと余裕を持って仕事をしているぼくです。 このブログで何度か書いてる通り、ぼくは仕事が楽しいです。 でも、ぼくだけが楽しいのもアレなので、せめてぼくが見渡せる範囲のメンバーは楽しく働けたらいいなと思っ…

【読書感想】『塞王の楯』え、何これめっちゃオモシロイ!?

今日は今村翔吾さん著の小説『塞王の楯』を読み終えた感想を書こうと思うんですが、先にお伝えしますとぼく、時代小説で初めて感動して泣いてしまいました。 塞王の楯 (集英社文芸単行本) 作者:今村翔吾 集英社 Amazon 大まかなお話については、帯に書かれて…

何も覚えていない

先日、こんな記事を書いたんですよ。 rito.gameha.com ええ、ぼく「真面目ですね」って言われるんです。わりと。 ところで こちらをご覧ください。 rito.gameha.com お分かりいただけるでしょうか。 なんと ほぼ、内容が同じなのですよ。 しかし、ぼくは書い…

真面目ですねってたまに言われる

なんかね、たまに言われるんですよ。 「真面目ですね」って。 でも、自分ではあんまりそんな自覚はないんですよね。 むしろ不真面目なんじゃないか?って気すらしてるんです。 自分が楽しく生きやすいようにすることを最優先にしてて、他人のこととか二の次…

師匠からの間違い電話

先日、ふとiPhoneを見ると学生時代の絵の先生からの着歴と留守電がありました。 社会人になってからも、子どもがまだ1人だった頃はよく絵を見てもらって厳しくコテンパンにやられては心を折られながら精進してました。 でも、子どもが2人になった頃から絵を…

重い物語の後に軽い物語を読むと無限に楽しめる

このブログは「イラストと雑記と読書感想」と謳っている通り3つの柱があるイメージです(雑記がイラストと読書感想以外の全てを吸収しているところがズルいですけどね!)。 長いことこのスタイルでやってると、新しい読書感想記事を書いた時に、関連記事で…

ステキなニュートラル

アラスカ航空が、最近のダイバーシティな世相を受けて、ジェンダーニュートラルという取り組みを始めたってニュースをラジオで聞いたんですが、これがとっても素敵だなぁって思ったんです。 言葉のニュアンスから、はじめぼくはキャビンアテンダントのみなさ…

雑記らしい雑記

大変です。 またしても気がつけばブログの予約投稿のストックが切れてしまいました。 最近は、仕事が忙しいけど面白いのと、家はそれ以上に忙しくて、でもその隙間時間にやってるお絵描きは楽しすぎて、「他に何かやってたかなぁ?」って考えると何も思い出…

ゴールデンカムイ最新話まで追いついた

ゴールデンカムイが全話無料になってたので、まだ読んでなかった話を読みました。 ynjn.jp 未読の方のためにぼかして書きますが、最後の死闘が繰り広げられながらドンドコ血や肉片が飛び散る展開となっていってますねぇ。 こういった物語中、モブキャラが死…

中2のときの英語の先生がアビゲイルに似ていた

小6の頃、中学になると英語の授業がはじまることにぼくはワクワクしていました。 英語を習うことで、J-POPやアニソンの英語の歌詞の意味もわかるようになるし、ゲームのエンドロールなんかで流れる英語もすらすら読めるようになるんだと思ってました。 中1の…

家づくりに正解はない!のかもしれない。

先日、目から鱗なフレーズに出会ったんですよ、 持ち家か賃貸か論争ってあるじゃないですか。 これって、「答えがないからずっと論争が続く」んだそうです。 な・る・ほ・ど…! さて、そんなぼくですが、中古物件をリノベーションした家に住んでいます。 当…

おっさんになるのも面白い

今日は最近働きながらよく考えてることを書こうと思います。 おそらく、この時期は忙しいところが多いですよね。 「繁忙期」「閑散期」があるのは仕方ないと思うんです。 でもそれは勤務時間の中での話で、残業が当たり前ってのは今のご時世もう違うんじゃな…

【読書感想】『十字架のカルテ』精神鑑定医が主役のミステリー

今日は知念実希人さん著の小説『十字架のカルテ』の感想を書こうと思います。 十字架のカルテ 作者:知念実希人 小学館 Amazon このお話は、精神鑑定医である主人公が、殺人を犯した犯人を相手に、相手が精神疾患なのか精神疾患を装って罪を軽減しようとして…

そろそろぼくも叱る年頃

最近、自分のイラストの顔面偏差値を上げたいなぁ〜、と思ってあまり描かなかった顔のアップを描いたりしています。 難しいっすね…! 家でこっそりこんなの描いてるぼくですが、社会人としていい歳になってしまっていました。 若手としてバリバリ最前線で…と…

国境について

小中学校の頃って学区っていう区切りがありましたよね。 ここから向こうは隣の学校の学区、みたいな。 ぼくの実家は、3つの学区の境あたりにあったんですよ。 2つじゃなくて、3つ。 ぼくの実家がゴミを捨てに行ってたゴミステーションはT字路の交差点のとこ…

頭の先がチリチリする感じがする

パーマをあてたわけではないんですが。 ここのところ忙しくて、多分頭のメモリーを目一杯使ってるんだと思います。 Macならカラーボールがグルグルしてる状態でしょうか。 東京大学物語で言うなら村上くんが頭から煙を出してるような状態ですなこれは。 はや…

Macはなんでも知っている

独身の頃、なんの本だったかわからないんですがとある自己啓発系の本で「仕事を家に持ち帰らない」「オンオフしっかり切り替える」的な話が出てきて「おおなるほど、これがデキる大人か…!」とかうっかり思ったぼくは、いくら残業してでも仕事は職場ですませ…

この時期は毎年時間が溶けますね!?

ものすごく忙しく働いてます。 夜中に何度か目が覚めて「あー明日はあれとこれしなきゃなー」とか考えながらまた意識が飛ぶ、みたいな感じになってます。 一方でお絵描き練習も楽しくて、気がついたらブログの予約投稿記事が底を尽きてしまいました。 ぼくは…

フォトをバッシュして見えてきた世界

うっかり4月になってたので今日は毎月恒例の、ぼくがオリキャラを描かせていただいているApple kyoさんにお送りした今月の壁紙紹介です。 こちらですー。 どうでしょー? 何度がブログでぼやいてる通り、液タブに慣れて自分の思う絵が描けるようになってき…

マーガリンナイフのギザギザ

ぼくは朝食はパン派です。 食パンを焼いて、マーガリンを塗って食べます。 我が家のマーガリンを塗る際に利用するバターナイフ(マーガリンなのにバターって日本語ムズカシイデスネ)は、マーガリンが切りやすい用にギザギザがついているのです。 が、上記の…

忙しい時も笑顔で接し「ググれカス」とか言わない人に私はなりたい

いわゆる「IT系」と呼ばれる業界ではなくても、今やどんな仕事をしてようがITはもう切っても切り離せないツールなわけで、どこの業界にもいるであろう、その中でのIT担当がいまのぼくの仕事の1つです。 といってもぼくの場合は別にプログラミングスキルが必…

オーディオのコネクターを買ったら悩みが解消した

今週のお題「デスクまわり」 ぼくの書斎のデスクは今こんな感じなのは以前ご紹介した通りなのですが、最近とっても良いものを導入したので今日はちょっとそのお話です。 ここにある、長四角のものなのですが、BOSEのスピーカーなんですよ。 これの、10年くら…

紙とデジタルの棲み分け

4月から長男が通う中学校に提出する書類を作ってるんですが、家から学校までの地図を書くやつってあるじゃないですか(あれって全国区ですかね?) ぼくはめんどーなんで、そしておそらく多くの方が同じことをされてるであろうGoogleマップのプリントアウト…

つまりぼくは美術館に行きたい

やーなんか、最近世の中がギスギスしてますね。 世界の情勢に対しても、フェイクニュースが飛び交ってるみたいで、しかも「これはフェイクニュースたのだ、世間を混乱の渦に叩き込んでやるのだふっふっふー!」みたいな意思ではない「これはすごい!皆に知ら…

スタバの喧騒を聞きながら、ありし日の飲み会を思ふ。

昔からカッコつけたがりだったぼくは、若い頃からよくスタバに行ってまったりしてたんですが「なんか最近ちょっと落ち着かなくなってきたなぁ」と思うようになってきました。 いつ行ってもものすごい行列で、ショッピングモールのフードコートみたいになって…

おばちゃんとの思い出

ぼくの実家は、3世代で一緒に住んでいたんですね。 で、ぼくが小学校に入学する頃だったんですが、一緒に暮らしていたじーちゃんが入院しまして、じーちゃんの付き添いでばーちゃんも病院に寝泊まりすることが多くなって、両親は共働きだったので、ばーちゃ…

長男が小学校を卒業したらしい

ちょうど2年前の今頃ですが、コロナで子どもたちの学校が長い長い休みになりました。 当時、長男は小学校4年生で、学年末のテストラッシュだったり、クラス解散のお楽しみ会の準備をしてたのが全てなくなったことを喜んだり残念がったりしてましたが、家で…